Menu
(0)

Search

ジェイデン・スミス、新バットマン役ロバート・パティンソンに「彼こそ最高のバットマンになる」

ロバート・パティンソン
Photo by Maximilian Bühn https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Robert_Pattinson_Premiere_of_The_Lost_City_of_Z_at_Zoo_Palast_Berlinale_2017_03.jpg

ウィル・スミスの息子であり、俳優やラッパーとして活躍するジェイデン・スミスが、新たにバットマン/ブルース・ウェイン役に抜擢されたロバート・パティンソンへ期待のコメントを語った。米Rolling Stoneによるインタビューで、「ファンとして、ロバート・パティンソンがバットマンを演じることにどう思いますか」と尋ねられたジェイデンは、次のように喜んでいる。

「ヤバいでしょ。もう何て言えばいいのかもわかんないです。自分の知らない、良いことって毎日起こりますね。どれだけ興奮しているか、言葉にも出来ないくらいです。起こるべくして起こった。絶対起こるべきだったんですよ。彼こそ最高のバットマンになってくれるはずです。激アツでしょ。」


ジェイデンがここまで興奮しているのは、自身がバットマンの大ファンである故。なにせ、その名も”Batman”という楽曲も制作、MVでは自ら若きブルース・ウェイン役を演じ、白いバットマンの衣装にも身を包んでいるのだ。いちファンとして、新バットマンを心待ちにしているというわけである。

「ジョーカーが俺をacid浸けにした」

ワーナー・ブラザース/DCコミックス製作の全く新しいバットマン単独映画『ザ・バットマン(邦題未定、原題:The Batman)』にロバート・パティンソン起用が正式に報じられたのは2019年6月1日(日本時間)のこと。脚本・監督・製作は、『猿の惑星:新世紀』(2014)『猿の惑星:聖戦記』(2017)のマット・リーヴス。2021年6月25日の米公開を目指し、撮影準備(プリプロダクション)が2019年夏に開始される見込みだ。

単独映画『ザ・バットマン』はアフレックが脚本・監督・主演を兼任する予定だったが、2017年1月にアフレックが企画を降板。後任を担ったリーヴスは企画を一から再起動し、ブルース・ウェイン/バットマンの若き日を描くストーリーだといわれている。

映画『ザ・バットマン(邦題未定、原題:The Batman)』は2021年6月25日に米国公開予定

Source:Rolling Stone

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly