ジェレミー・レナー『アベンジャーズ』ホークアイ役の掘り下げに意欲「もっと彼のことを理解したい」

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でクリント・バートン/ホークアイ役を演じているジェレミー・レナーが、自身の役どころをより深めていきたいという意欲を明かした。

『マイティ・ソー』(2011)での初登場以来、レナーはホークアイ役で『アベンジャーズ』(2012)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に出演。しかしホークアイはアベンジャーズのメンバーでありながら、他のヒーローに比べるとアンサンブルの一員としての側面がやや強いキャラクターだ。

アベンジャーズ

© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

コライダーの取材の中で、レナーは今後もホークアイを演じることへの意欲について尋ねられている。するとレナーは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や来る『アベンジャーズ』第4作に言及しながら、役柄への思いをこう明かした。

「ああ、そう(今後も演じたいと)思うよ。みんなが作ってきたマーベル・ワールドの一部になれてすごくハッピーなんだ。僕はキャラクターをもっと掘り下げていきたい。いつもバートンのことをもっと理解したいと思ってるのさ、だって彼はすごく強いキャラクターだからね。もっと深くやれたらと願ってるよ。(『アベンジャーズ』第4作の撮影で)今年の残りはとても忙しくなりそうだ。彼ら(スタッフ)がどんなことを考えてるのか、知るのが楽しみだね」

レナーがこう語るように、クリント・バートン/ホークアイの過去やその秘密は過去の作品であまり描かれてこなかった。ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)との関係がセリフで示唆されたり、『エイジ・オブ・ウルトロン』では家族の存在も明らかになったが、いまだ明かされていない点は多いままである。もちろん人物像は少しずつ紐解かれているため、『インフィニティ・ウォー』でも新たな事実が判明する可能性もありそうだが……。

ちなみに一部ファンは、そんな見ようによっては“不遇”とも形容しうるホークアイを、『デアデビル』『ジェシカ・ジョーンズ』などが製作されてきたNetflixドラマで主人公にしてほしいと熱望してきた。しかし「WE GOT THIS COVERED」によるインタビューで、レナーはホークアイの単独ドラマをあっさりと否定している。

「それは僕が決められることじゃないね。今まで話し合いに上がったことのない選択肢だよ。」

これまでの『アベンジャーズ』シリーズ以上に多くのキャラクターが登場する『インフィニティ・ウォー』、そして『アベンジャーズ』第4作で、ホークアイはどんな役回りを務めることになるのか……。筆者個人としては、キャラクターの掘り下げはもちろんのこと、いつも確実に見せ場をかっさらっていくアクションシーンには次回も非常に期待したいところである。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国ロードショー

Sources: http://collider.com/jeremy-renner-wind-river-interview/
http://wegotthiscovered.com/movies/jeremy-renner-interested-hawkeye-netflix-series-table/
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

About the author

1989年生まれ。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。