映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』戦慄の予告映像&ポスター到着!恐怖のゲーム、いよいよ再開

映画『ソウ』シリーズの“新章”『ジグソウ:ソウ・レガシー』より、戦慄の予告映像とポスタービジュアルが到着した。

映画監督ジェームズ・ワン&脚本家リー・ワネルによって製作されたシリーズの第1作『ソウ』(2004)は、逃げ場のない究極の状況設定、恐ろしくも哲学的な「連続ゲーム殺人」、そして驚愕のクライマックスで〈ソリッド・シチュエーション・スリラー〉の金字塔として現在も君臨する一本だ。

本作『ジグソウ:ソウ・レガシー』は、その『ソウ』シリーズ完結から7年を経て登場する最新作。シリーズの伝統を汲みつつ新たな切り口で描かれる“恐怖のゲーム”を、予告映像から少しだけ覗いてみることにしよう。


ジグソウ:ソウ・レガシー

(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

「お前たちはたくさんの嘘をついてきた、罪を告白せよ」
物語の全貌はいまだわからないものの、今回の予告映像では「ゲーム」と称された儀式に参加する被験者たちの断末魔の叫び声が次々に聞こえてくる。シリーズの過去作品と同じく、息の詰まるような恐ろしいゲームの断片をその目で確かめてほしい。また“ジグソウ”パズルが模された死体から取り出されたUSBメモリに、死んだはずの“ジグソウ”ことジョン・クレイマーの声が収められている場面や、シリーズ屈指の拷問装置「逆トラバサミ」も登場。『ソウ』シリーズを追いかけてきたファンにはたまらない仕掛けが盛り込まれた作品となりそうだ。

『ジグソウ:ソウ・レガシー』で監督を務めるのは、『デイブレイカー』(2010)や『プレデスティネーション』(2014)のマイケル&ピーター・スピエリッグ兄弟。『ピラニア3D』(2010)の脚本家たちによるストーリーは、両監督が「最高の脚本だった。巧妙に謎が紡がれて大きな驚きが待っている」と評する仕上がりだ。果たして、新鋭たちが仕掛ける「ゲーム」の真相やいかに……。

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』は2017年11月10日(金)より全国ロードショー

(文:Takatoshi Inagaki)

(C)2017 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

About the author

THE RIVER編集部が選りすぐりの情報をお届けします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。