『ソウ』シリーズ新章始動 ― 『ジグソウ:ソウ・レガシー』2017年11月10日(金)日本公開決定!

ソリッド・シチュエーション・スリラーの傑作シリーズ『ソウ』が、2010年の完結編『ソウ ザ・ファイナル3D』からはや7年、ついにその封印を解いて蘇る……。
『ソウ』シリーズ、ファン待望の新章『ジグソウ:ソウ・レガシー』が、2017年11月10日(金)に日本公開されることが判明した。今回、情報の解禁にあわせて場面写真も公開されている。

ジグソウ:ソウ・レガシー

『ジグソウ:ソウ・レガシー』がやってくる

街であがったいくつかの死体。特徴的なその死に様は、ひとりの人物像を捜査に浮上させた。
ジョン・クレイマー。だが「ジグソウ」の名で知られた凄惨なゲームの支配者である彼は、十数年前にこの世を去った。
彼を崇拝する何者かが、しかも捜査に関わる人物が彼の後継者となったのか? それとも……。

ソリッド・シチュエーション・スリラーとして驚愕のクライマックスへ観客を誘う『ソウ』シリーズは、全作その全容が劇場公開まで“超極秘”とされてきた。本作『ジグソウ:ソウ・レガシー』もその例に漏れず、今回も現時点で与えられているのは上記のわずかな情報だけだ。

ジグソウ:ソウ・レガシー

Photo credit: Brooke Palmer

7年ぶりの『ソウ』新作となる本作でメガホンを取るのは、『デイブレイカー』(2010)や『プリデスティネーション』(2014)で高い評価を受けたマイケル&ピーター・スピエリッグ監督。ヘレン・ミレン主演のスリラー『ウィンチェスター(原題:Winchester)』の公開も控える気鋭のクリエイターだ。また脚本は『ピラニア3D』(2010)のジョシュ・ストールバーグ&ピーター・ゴールドフィンガーが執筆する。

ハロウィン直前に全米公開を迎える本作『ジグソウ:ソウ・レガシー』について、監督はこんなコメントを寄せている。

「(過去シリーズでジグソウ役を演じた)トビン・ベルのDNAは作品全体に感じられるはず。ハロウィンの“恐宴”にはぴったりな映画だ。すごくワイルドなトラップがたくさんあって、楽しい“血”もある。もちろん、素晴らしいミステリーと最高のツイストもね。まさに2017年の“ソウ”なんだ」

なおスピエリッグ監督は、2017年7月21日(現地時間)に「サンディエゴ・コミコン2017」のホラーパネル「リインベンティング・ホラー(Reinventing Horror: What’s Next in Film and Comics!)」に登場予定。“ホラーの再発明”と題されたイベントで二人は何を語るのか、そしてどんな新情報が解禁されるのか……。

映画『ジグソウ:ソウ・レガシー』は2017年11月10日(金)全国ロードショー

(文:Takatoshi Inagaki)

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。