Menu
(0)

Search

J・J・エイブラムス、DC映画で監督の意向なしか ─「次回作は過去に存在しないものにしたい」

J.J.エイブラムス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19679067265/

『スタートレック』『スター・ウォーズ』などのメジャーシリーズ作品を手がけてきた監督、J・J・エイブラムス。監督は現在、DCコミックスの映像化作品に多数関わっている。そのひとつが、『スーパーマン』シリーズのリブート企画であることがすでに判明しているが、どうやら担当するのはプロデューサーまでで、監督はおろか脚本を務める意向はなさそうだ。

Colliderのインタビューにてエイブラムスは、ハリウッドはかつて古典的な映画や番組などから影響を受けながらも、独自の作品として作っていたと語っている。もっともハリウッドは今では、「何かに触発された人たちが、“その通りに作り直してみよう”という傾向が強まっている場所な気がする」という。これはハリウッドからオリジナル性が失われつつあるということだろう。

エイブラムスといえばリブート作品を数多く世に放ってきたことで有名だが、かつては、ドラマ「LOST」(2004-2010)などのオリジナル作品で世間から高い評価を受けていた人物でもある。そんなエイブラムスはハリウッドの現状について、「テレビドラマや映画などで、オリジナルストーリーを届けてきた者としては本当に寂しく感じています」という。

そこでエイブラムスはこれから監督として、そして脚本家として独自の路線を突き進むようだ。「僕がいま脚本家として取り組んでいるいくつかの作品は、いずれもオリジナルのアイデアからなるものです。監督として次のプロジェクトは、僕が生前に存在していたようなものではない作品に必ずしたいと考えています」。エイブラムスはワーナー・メディアと契約を結んでおり、『スーパーマン』リブート版映画をはじめ、アニメ「Batman: Caped Crusader(原題)」といったDC作品の製作に参加しているが、これらで監督や脚本を担当する可能性は低そうだ。

Source:Collider

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly