Menu
(0)

Search

J・J・エイブラムス、『ニューヨーク1997』の名場面に影響を与えていた ─ マギー役「追加撮影することに」

J.J.エイブラムス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19679067265/

『スター・トレック』『スター・ウォーズ』シリーズなどでおなじみのJ・J・エイブラムス監督は、テレビプロデューサーである父の影響により幼い頃から映画に興味を持っていた。そんなエイブラムスは10代の頃に、ジョン・カーペンターによるSFアクションニューヨーク1997』(1981)のとあるシーンに貢献していたのだという。

この記事には、『ニューヨーク1997』のネタバレが含まれています。

『ニューヨーク1997』の舞台は、犯罪増加に伴い、悪党たちを収監する巨大な刑務所となったニューヨーク・マンハッタン。そこに取り残されてしまった大統領を救出するべく、そのとき偶然にも収監されてきた元英雄の囚人スネーク(カート・ラッセル)は、釈放を条件に刑務所内に潜入し、24​時間以内に大統領を救出することになる。

20年経った今も愛され続ける本作で、エイブラムスが影響を与えたのは、屈強な囚人を相手に勇敢に戦ったヒロイン、マギー(エイドリアン・バーボー)の印象的な死亡場面だ。米Varietyの取材に応じたバーボーによると、エイブラムスは少年時代に父親と共に本作の試写会に参加し、その終演後、「マギーはどうなったのですか?」とカーペンター監督に尋ねていたのだという。「マギーが車に轢かれて死んだということがはっきりしていないと思ったのでしょうね」。

おそらく試写会で上映されたバージョンでは、劇場公開版の本編とは異なり、マギーが車に轢かれ下敷きとなる場面が存在しなかったのだろう。そんなエイブラムス少年の発言をきっかけに、追加撮影が行われることにまで発展したのだという。「それからしばらくして、ジョンと私は少数の撮影陣とともに、マギーが血まみれになる最後の場面を撮影しました」。エイブラムス少年の純粋なる疑問により、マギーの死亡場面は映画史に残るものとなったわけである。

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly