Menu
(0)

Search

J・J・エイブラムス、『ニューヨーク1997』の名場面に影響を与えていた ─ マギー役「追加撮影することに」

J.J.エイブラムス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/19679067265/

『スター・トレック』『スター・ウォーズ』シリーズなどでおなじみのJ・J・エイブラムス監督は、テレビプロデューサーである父の影響により幼い頃から映画に興味を持っていた。そんなエイブラムスは10代の頃に、ジョン・カーペンターによるSFアクションニューヨーク1997』(1981)のとあるシーンに貢献していたのだという。

この記事には、『ニューヨーク1997』のネタバレが含まれています。

『ニューヨーク1997』の舞台は、犯罪増加に伴い、悪党たちを収監する巨大な刑務所となったニューヨーク・マンハッタン。そこに取り残されてしまった大統領を救出するべく、そのとき偶然にも収監されてきた元英雄の囚人スネーク(カート・ラッセル)は、釈放を条件に刑務所内に潜入し、24​時間以内に大統領を救出することになる。

20年経った今も愛され続ける本作で、エイブラムスが影響を与えたのは、屈強な囚人を相手に勇敢に戦ったヒロイン、マギー(エイドリアン・バーボー)の印象的な死亡場面だ。米Varietyの取材に応じたバーボーによると、エイブラムスは少年時代に父親と共に本作の試写会に参加し、その終演後、「マギーはどうなったのですか?」とカーペンター監督に尋ねていたのだという。「マギーが車に轢かれて死んだということがはっきりしていないと思ったのでしょうね」。

おそらく試写会で上映されたバージョンでは、劇場公開版の本編とは異なり、マギーが車に轢かれ下敷きとなる場面が存在しなかったのだろう。そんなエイブラムス少年の発言をきっかけに、追加撮影が行われることにまで発展したのだという。「それからしばらくして、ジョンと私は少数の撮影陣とともに、マギーが血まみれになる最後の場面を撮影しました」。エイブラムス少年の純粋なる疑問により、マギーの死亡場面は映画史に残るものとなったわけである。

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly