マーベル/Netflixドラマ『ジェシカ・ジョーンズ』シーズン3の製作が決定

マーベル・テレビジョンとNetflixが共同製作するドラマ、『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』の第3シーズンが製作されることがわかった。米Deadline誌が報じている。

『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』は、スーパーヒーローだった過去を持つ私立探偵ジェシカ・ジョーンズが人々の事件に取り組むとともに、自分自身の抱える過去や葛藤、苦しみと向き合っていくストーリー。2018年3月8日に配信された第2シーズンでは、ジェシカが自分自身の過去により深く迫っていく展開が描かれ、前シーズンに続いて高い評価を得た。

Marvel ジェシカ・ジョーンズ

David Giesbrecht/Netflix


本シリーズの特徴は、過去に傷を抱えた女性ヒーローを主人公に据えることで、社会において女性が抱える不条理・不合理や、トラウマ/PTSDなど社会的なテーマを炙り出してみせるリアリティ豊かなストーリーテリング。第1シーズンはサイコ・スリラー、第2シーズンは「エモーショナル・スリラー」と、いわゆる“ヒーローもの”としてのジャンルを軽やかに越境する設計にも注目が集まった。

2018年4月13日時点で第3シーズンのキャスト・スタッフは発表されていないが、主人公ジェシカ・ジョーンズを演じるクリステン・リッター、トリッシュ・ウォーカー役のレイチェル・テイラー、ジェリ・ホガース役のキャリー=アン・モスらは続投するとみられる。シリーズのショーランナー(製作統括)を務めてきたのはメリッサ・ローゼンバーグだ。

ドラマ『Marvel ジェシカ・ジョーンズ』シーズン1・シーズン2はNetflixにて配信中

Source: Deadline
Eyecatch Image: David Giesbrecht/Netflix

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。