Menu
(0)

Search

『スパイダーマン』J・J・ジェイムソン役J・K・シモンズが続編2本分の出演契約、再登場の可能性

J.K. Simmons
Photo by ABC/Image Group LA https://www.flickr.com/photos/disneyabc/21147400500/

スクープだ!パーカー、写真を撮ってこい!パーカーはどこへ行った?

この記事には、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』のネタバレが含まれています。

親愛なる隣人スパイダーマンの精神的な宿敵、J・ジョナ・ジェイムソン役のJ・K・シモンズは、『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(2019)の続編2本分への出演契約を行っていたという。PeopleTVのインタビューで、J・Kが明かした。

この度J・Kが登場したインタビューは、これまでの自身の代表作を振り返りながら、当時のエピソードを次々に語っていく企画。サム・ライミ版『スパイダーマン』3部作では、スパイダーマンの失脚に執念を燃やすJ・ジョナ・ジェイムソン編集長を熱演した。

この時のオーディションについて「自分の他にも素晴らしい役者が沢山いるから、とても緊張してしまった」と意外な心境を振り返ってくれたJ・Kは、「『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の続編への登場にも期待して良いですか?」と尋ねられて、こう答えたのである。

「期待と言っていいのかは分からないですけど、1作目(『ファー・フロム・ホーム』)の出演契約時、続編2本分についてもサインしたんです。」

J・Kは、契約とは常に一方的なもので、必ずしも続編に登場させる必要はないことになっている、と説明を加え、続編への登場が確約されたものではないと断っている。J・Kが演じるジェイムソン編集長を通じて、マーベル・シネマティック・ユニバースに属する『ファー・フロム・ホーム』と、サム・ライミ版3部作が精神的に繋がったわけであるが、「前のバージョンから引き継いで、発展させることが出来たのは素晴らしいことでした」と喜ぶコメントも。

J・K版ジェイムソンは『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』ラストシーンで、ミステリオが偽装した告発ビデオを掲載したデイリー・ビューグルのニュースを読む姿でサプライズ登場。サム・ライミ版当時と変わらず口角泡を飛ばしながら、スパイダーマンを攻め立てた。ライミ版から時代は変わり、デイリー・ビューグルは紙の新聞媒体ではなくWebメディアとして登場。フェイクニュースが問題になる現代のメディア界を風刺してみせた。予定されている『スパイダーマン』続編でも、ジェイムソン編集長の“口撃”が見られたらファンは嬉しい。

合わせて読みたい

Source:PeopleTV

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly