Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』バットマンのスーツはなぜグレー感が増した?衣装デザイナーがこだわり明かす

ジャスティス・リーグ
©2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

映画ジャスティス・リーグ(2017)の衣装デザイナーが、米ファッションメディアFASHIONISTAのインタビューでバットスーツのこだわりを解説。前作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生(2016)と今作とでバットスーツの色調が異なる理由についても明かした。

FASHIONISTAのインタビューに応じたのは、映画『ジャスティス・リーグ』の衣装を手掛けたマイケル・ウィルキンソン氏。1989年のティム・バートン版『バットマン』以来、映画版バットマンは黒を基調とした色合いのスーツを纏っていることが多かったが、『バットマン vs スーパーマン』では、フランク・ミラーによる原作コミック『バットマン:ダークナイト・リターンズ』を踏襲したグレーのコスチューム・デザインとなっていた。

『ジャスティスリーグ』のバットマンが物語前半で着用するバットスーツは『バットマンvsスーパーマン』時のスーツに比べて、さらに少し明るいグレーになっている。その理由について「真っ黒ではなく、”グレーのスーツ”という伝統的なアイデアを守りたかったんです」とウィルキンソン氏は回答している。「コミックのバットマンは、黒いマントにグレーのスーツという姿が多いですよね」。

ウィルキンソン氏が『ジャスティスリーグ』バットスーツのデザインに関してこだわった箇所は色調以外にもある。スーツの下層には薄いアーマー・プレートを埋め込んだほか、腕部分にメタルプレートを装備し、より機能的に。また物語の後半では、さらに防護に特化したものになるようスーツをアップデート。防護アーマー及び特殊機能をスーツに取り付け、目の保護具も取り付けた。ウィルキンソン氏は「今作でバットマンは更なる脅威に直面するので、よりシリアスで激しい戦いに備え、”タクティカル・スーツ”を与えたかったんです」と、アップグレードの背景を明らかにした。

映画『ジャスティス・リーグ』は、2017年11月23日(木・祝)日本公開。物語を楽しむのはもちろんのこと、デザインのこだわりが詰まったバットスーツにも着目してみては。

(文:まだい)

Source: https://fashionista.com/2017/11/justice-league-movie-costumes-2017

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly