映画化が噂される『ジャスティス・リーグ・ダーク』参戦キャラクター大予想!

バットマンやスーパーマン、ワンダーウーマンが所属するジャスティスリーグにはけっこうな数の派生チームがあります。最も有名なのといえばナイスミドルが所属するジャスティスソサイエティとボンクラと色モノとバットマンが集ったジャスティスリーグ・インターナショナルがあります。
その中でも比較的歴史の浅い2011年発祥のジャスティスリーグ・ダーク。オカルト関連の危機に対処する、このチームはマット・ディモン主演の緊迫サスペンスアクション映画『ボーン・アイデンティティ』の監督のダグ・リーマンが監督するという噂があります。2014年には日本の名作小説『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を映画化させ、好評だったことでも記憶に新しいはずです。

こちらの記事で紹介されているように、『ジャスティス・リーグ・ダーク』の映画化の噂が浮上しています。

【DC新作】映画版『ジャスティス・リーグ・ダーク』が本格始動!監督に『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマンが決定

そんな『ジャスティス・リーグ・ダーク』はどんな作品になるのか?まだ正式に映画化の発表がされたわけでもないので現時点でその内容は未知数ですが、参戦メンバーを予想してみましょう。

ジョン・コンスタンティン

http://epn.tv/all/type-of/news/tv-series-based-on-dcs-constantine-in-development/

http://epn.tv/all/type-of/news/tv-series-based-on-dcs-constantine-in-development/

まず参戦間違いなしであろう、ジョン・コンスタンティン。キアヌ・リーブスが主演で映画化された『コンスタンティン』やドラマ『コンスタンティン』では主役、『ARROW』には協力者というポジションで出演したことで国内でもけっこうな知名度を誇っていると思われます。若いころは不真面目に暮らし、魔術も趣味に嗜む程度でしたが本格的に修行したことで不真面目な凄腕魔術師になりました。ヘビィスモーカーの快楽主義者なコンスタンティンは仲間を容赦なく見捨てたり裏切ったりという性格と素行の悪さで知られています。どれくらい悪いかというと右も左も分からない頃にお世話になった魔術の師匠から恋人を寝取って破滅させたほどです。しかし、それだけではなく『INJUSTICE Year Three』ではバットマンを出し抜く頭脳を見せました。バットマンが暴力と頭脳と執念深さが武器ならコンスタンティンは魔術と話術と頭脳が武器です。

驚くべきことにジャスティス・リーグ・ダーク誌では元恋人のザターナには情がある素振りや、友人には義理堅い面を見せ、読者の度肝を抜きました。コンスタンティンの義理人情はバットマンの面と向かっての「ありがとう」や「ごめんなさい」と同じくらいレアリティがあるため、ここ十年のDCコミックではある意味でDCユニバースRebirthと同じくらい衝撃的な光景です。世界の崩壊を防ぐことにはそれなりに意欲的で、目的のためには手段を選びませんが結果的に正しい選択をするキャラクターな気がしなくもないです。基本的にどうしようもない不良魔術師ですね。彼の活躍は翻訳ですと『ジャスティス・リーグ:トリニティ・ウォー』があります。シャザムに変身するビリー・バットソンを言葉巧みにだまくらかして酷い目にあわせるシーンがあり、他のジャスティス・リーグ・ダークのメンバーも出演しますので興味がある方にはオススメです。色々とどうしようもない男に見えるでしょうがそれが一周して魅力になるキャラクターです。

ジョン・コンスタンティン ヘビースモーカーのオカルト探偵

ザターナ・ザターラ

http://dc.wikia.com/wiki/Zatanna_Vol_2_11

http://dc.wikia.com/wiki/Zatanna_Vol_2_11

こちらもヒロインや女性ヒーロー的なポジションで参戦確実と思われます。偉大な魔術師ザターラの娘で強い正義感を持つ彼女はジャスティスリーグにも所属したことのあるスーパーヒーローです。単語を逆から読むことで力を発揮する逆さ魔術の使い手。普段は大人気手品師として活動しており、人目を引く美女なことから、根強い人気キャラクターです。魔術の造詣の深さからバットマンにも頼られることが多く、現在はコンスタンティンが本格的な魔術の修行をしている際に出会って深い関係になりました。この二人と親しくなれることからわかるように、かなりの人格者です。

フランケンシュタイン

http://dc.wikia.com/wiki/Frankenstein_(New_Earth)

http://dc.wikia.com/wiki/Frankenstein_(New_Earth)

世界的に有名な物語『フランケンシュタイン』に出てくるフランケンシュタインの怪物とおおよそ同一人物です。 色々とあり、ヨーロッパで死んだはずでしたがアメリカに渡ってS.H.A.D.E.という組織に属していました。外見はコワモテですが人情派で優しく理知的な性格の愛妻家です。しかし、ある悲劇によって妻とは険悪な関係になりました。特に際立ったスーパーパワーはありませんが不死身で高い身体能力を持って います。

デッドマン/ボストン・ブランド

http://www.dccomics.com/characters/deadman

http://www.dccomics.com/characters/deadman

サーカスで空中ブランコ乗りだったボストン・ブランドは公演中に殺害されて幽霊ヒーローのデッドマンになりました。肉体を持つ他者に乗り移って動くことができ、アクロバットな攻撃を繰り出すことが可能です。死んでいるのですが性格は女好きの冗談好きなナイスガイです。以上のことからわかるように、バットマンの相棒の初代ロビンことディック・グレイソンと死んでいること以外は共通した要素を持っています。そのため、バットマンに追い出されて放浪中のディックに新コスチュームのインスピレーションを与えたりと縁のある描写が多く見受けられます。

マダム・ザナドゥ

http://dc.wikia.com/wiki/Nimue_Inwudu_(New_Earth)

http://dc.wikia.com/wiki/Nimue_Inwudu_(New_Earth)

エキゾチックでミステリアスな美女のマダム・ザナドゥはかつて、アーサー王物語に登場するマーリンと戦ったことのある魔女でした。マーリンに魔法を奪われた彼女は各地を放浪する過程でジプシーと交流したことから予知能力を育み、死の化身から不死の命を勝ち取りました。その力を罪滅ぼしのため、善に役立てることを決めたマダム・ザナドゥは予知能力を持つ助言者として生きることにします。ジャスティス・リーグ・ダークの発起人でもあります。

エトリガン/ジェイソン・ブラッド

http://comuxthegame.com/cast:etrigan-the-demon

http://comuxthegame.com/cast:etrigan-the-demon

こちらもマーリンと関わりのあるキャラクターです。アーサー王に仇なす敵を倒すために召喚された地獄の大物悪魔得エトリガンはジェイソン・ブラッドという人間と融合させられます。長い間、二重人格のような形で悪魔と人間の姿と人格を切り替えてきたジェイソンはエトリガンから解放されるのが目的です。エトリガンは地獄の悪魔だけあってかなり強力な力を持っています。炎、再生能力、超怪力。いずれもジャスティスリーグ・ダークに参加すれば最強格ですが、何をするかわからない爆弾です。もっとも、それはコンスタンティンも同じですし、エトリガンは相棒のジェイソン・ブラッドに内心懐いていたり、韻を踏む喋り方を好むコミカルなキャラクターでもあります。

ドクター・フェイト

http://community.comicbookresources.com/archive/index.php/t-1386.html

http://community.comicbookresources.com/archive/index.php/t-1386.html

ジャスティスリーグ・ダークに加入したことはありませんが、古代最強の魔術師ナブゥの力と人格が封じ込められた金の仮面がトレードマークのヒーローです。仮面を装着した者の人格を汚染し、力を使えば使うほどに元の人格からドクター・フェイトというヒーローの人格になっていくという恐ろしい副作用を持っています。『インジャスティス2』に参戦する可能性が非常に高く、DCEUにも出る可能性があります。

ブルービートル/テッド・コードorハイメ・レイエス

http://batman.wikia.com/wiki/Blue_Beetle_(Ted_Kord)

http://batman.wikia.com/wiki/Blue_Beetle_(Ted_Kord)

大穴として推したいのが古代エジプトの秘宝、スカラベを所持するヒーローのブルービートルです。外宇宙からやって来て古代エジプト王朝の秘宝だったスカラベは宇宙の高度な技術の結晶。ですが2016年の『BLUE BEETLE Rebirth』にて魔術との関連性がドクターフェイトによって示唆されました。テッド・コードは天才科学者な頭の良いバカでハイメ・レイエスはテキサスで両親と妹と普通に暮らす高校生です。2016年現在は二人でつるんでブルービートルというヒーローとして活動しています。テッドの親友ブースターゴールドは実写化の可能性が高いので、その縁でジャスティスリーグ・ダークに出演するかもしれません。

『ジャスティス・リーグ・ダーク』にどのキャラクターが出るかはわかりませんが、新しいチームなこともあり、物語の幅はかなり広いと思われますので非常に期待するところです。

 

参考url:https://theriver.jp/justice-league-dark-start/

About the author

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。

ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。

好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル

好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン)

 

salarmko@outlook.jp

お仕事の依頼はこちらへ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。