Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カット、ロビンの死巡る「イースター・エッグ」あり

バットマンvsスーパーマン:ジャスティスの誕生
BATMAN V SUPERMAN: DAWN OF JUSTICE and all related characters and elements © & ™ DC Comics and Warner Bros. Entertainment Inc.

DC映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)で示唆されたバットマンのサイドキック(相棒)、ロビン/ディック・グレイソン殺害の真相の断片が、“スナイダー・カット”こと「ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)」で明かされるかもしれない。ザック・スナイダー監督が本作におけるロビンの「イースター・エッグ」の登場を認めた。

『バットマンvsスーパーマン』では、バットマン/ブルース・ウェインがバットケイブに保管したロビンのコスチュームを黙視するシーンが描かれた。全体的に黒ずんだそのコスチュームからは、過去にロビンがジョーカーに殺害されていたことが示唆されており、後にスナイダー監督が、殺されたのは“初代ロビン”ディック・グレイソンと再度認めていた。その際、ディック死亡の背景が「『ジャスティス・リーグ』(スナイダー・カット)にヒントあり」とスナイダー監督が発言していたのだ。

こうした中、米YouTubeチャンネルTheFilmJunkeeに登場したスナイダー監督は、“スナイダーカット”にヒントがあるというロビンの死の真相について「詳しくは言えない」としながらも、「『ジャスティス・リーグ』では、ロビンに関するセリフ…というかロビンのイースター・エッグがあります」と明かした。

スナイダー監督の「ヒントあり」発言が行われたのは、2020年6月中旬。それ以降、“スナイダー・カット”に関する新規情報が続々と明かされている。とりわけロビン関連で言えば、殺した張本人とされるジョーカーがジャレッド・レトの再演で登場することが10月下旬に判明しているのだ。“イースター・エッグ”というからには、ロビンの死の全容が解明されることはなさそうだが、少なくともレト演じるジョーカーの言動には注視しておきたいところだろう。

なおスナイダー監督は、DC映画ユニバースではほとんど触れられてこなかったロビンの、今後のユニバースでの登場の計画についても言及。「あるでしょうね」と前向きな姿勢を見せながら、「『ジャスティス・リーグ』ユニバースで、バットマンとロビンの物語を描く方法としては…」と、その仮の構想を下に述べている。

「彼(バットマン)が酒を飲んで(ロビンの死を)思い出す。それで私たちは何が起こったのかを見るという感じでしょうか。ロビンがバットマンにとってどういう存在だったのかを理解し、ジョーカーとロビンが一緒にいた時の状況を目の当たりにするんですよ。」

「ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)」は2021年にHBO Maxにて米国配信予定。各話1時間の全4話構成。米国のみならず世界各国でのリリースも計画されている。

あわせて読みたい

Source: TheFilmJunkee

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly