Menu
(0)

Search

『ジョーカー』ホアキン・フェニックス、早くも次回作の話題が浮上 ─ 『20センチュリー・ウーマン』マイク・ミルズ監督の新作に出演交渉中

ジョーカー
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

DC映画『ジョーカー』(2019年10月4日公開)で“狂気の犯罪王子”ジョーカーを演じ、早くも映画祭で絶賛を浴びているホアキン・フェニックスが、さっそく次なる作品へと歩みを進めようとしているようだ。米Deadlineによると、ホアキンは『人生はビギナーズ』(2010)『20センチュリー・ウーマン』(2016)のマイク・ミルズ監督による新作映画(タイトル未定)への出演交渉に入っているという。

報道によると、ホアキンは契約交渉の最終段階にあり、出演が正式に決定すれば、2019年秋のうちに撮影が開始されるという本作が『ジョーカー』に続いて初めての作品となる見込み。製作は『20センチュリー・ウーマン』を手がけたほか、『ヘレディタリー/継承』(2017)『アンダー・ザ・シルバーレイク』(2018)などの話題作を放ち続ける気鋭の映画会社A24が担当する。


2019年9月21日現在、ミルズ監督の新作映画について詳細は明らかになっていないが、プロデューサーには『20センチュリー・ウーマン』のチェルシー・バーナード&アンドレア・ロングエーカー=ホワイト、『レディ・バード』(2017)『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』(2018、日本2019)のリラ・ヤコブが就任。チェルシーは『her/世界でひとつの彼女』(2013)でホアキンとタッグを組んだ経験もある。

過去にホアキンは『グラディエーター』(2000)や『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(2005)、『ザ・マスター』(2012)でアカデミー賞にノミネートされており、『ビューティフル・デイ』(2017)ではカンヌ国際映画祭の男優賞を受賞するなど数々の映画賞に輝いてきた。『ジョーカー』は第76回ヴェネツィア国際映画祭にて金獅子賞(最高賞)を射止め、審査員の映画監督メアリー・ハロンは「ホアキンの素晴らしい演技には非常に感銘を受けました。映画祭のルールがなければ男優賞に輝いていたでしょう」とも語っている。アカデミー賞主演男優賞の有力候補ともささやかれるが、いかに。

映画『ジョーカー』は2019年10月4日(金)日米同日、全国ロードショー

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly