Menu
(0)

Search

『ジョーカー』続編の噂、ホアキン・フェニックスが言及「知りません」「さらに掘り下げることは可能」

ジョーカー
TM & © DC. Joker © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、アカデミー賞で主演男優賞、世界中で一大旋風を巻き起こしたDC映画『ジョーカー』(2019)には、かねてから続編映画が企画されているという噂が存在する。この度、その続編映画について、前作で主演を務めたホアキン・フェニックスがコメントした。

『ジョーカー』続編映画の話題が初登場したのは、2019年11月のこと。もっともこちらの報道は後に、トッド・フィリップス監督によって否定された。再び噂が浮上したのは、2021年5月。ハリウッドの弁護士を紹介する業界向け特集記事にて、「トッド・フィリップスが『ジョーカー』次回作の共同脚本として契約を結んだ」触れられていたのだしかし、この件についてはトッド・フィリップス監督をはじめ、ホアキン・フェニックスが言及することはなかった。

そんな中、The Playlistの取材に応じたホアキン・フェニックスは、続編映画の噂が真実であるか否かについて問われたところ、「本当に知りません」と答えている。噂の真相は謎に包まれたままだが、ホアキンいわく、ジョーカーというキャラクターをさらに深堀りすることは可能であるとのこと。「撮影しているときから、このキャラクターは面白い存在と思っていました。このキャラクターで出来ることはいくつかありますし、さらに掘り下げることも可能でしょう」。その可能性を示しながらも最後には、「ただ、それを実際にやるかどうかはわかりませんよ」とあらためている。

ちなみに、ホアキン・フェニックスは今後の作品として、マイク・ミルズ監督による新作映画『C’mon C’mon(原題)』をはじめ、アリ・アスター監督『Disappointment Blvd.(原題)』、リドリー・スコット監督『Kitbag(原題)』、リン・ラムジー監督『Polaris(原題)』が待機中だ。

あわせて読みたい

Source:The Playlist

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly