Menu
(0)

Search

ジョン・ボイエガ、映画『パシフィック・リム2』に出演決定!

『スターウォーズ フォースの覚醒』でニュー・ヒーロー フィンを演じたジョン・ボイエガが、人気ロボットアクション映画『パシフィック・リム』の続編へ参加する事が明らかになった。デッドラインが報じている。

ジョン・ボイエガが演じるのは、一作目でイドリス・エルバが演じたスタッカー・ペントコスト司令官の息子。パシフィック・リムの原案ビーチャムはこのキャラクターについて『スターウォーズのオビ=ワン・ケノービのようなカッコいいキャラクター』と評していたが、その息子役をまさにスターウォーズ・スターが演じる事になった。

スタッカー・ペントコスト
ジョンはこのスタッカー・ペントコストの息子役を演じる
http://pacificrim.wikia.com/wiki/File:Stacker_Pentecost-19.jpg

製作のメアリー・ペアレントはジョン・ボイエガを「ジョン・ボイエガは、その才能と溢れ出る魅力で、昨今の若手の中でも頭一つ抜きん出ているのは間違いありません」と太鼓判を押しており、監督のギレルモ・デル・トロも「ジョンを迎え入れられる事をとても誇らしく、幸せに思います。彼のような一流の男と共に、パシフィック・リム・ユニバースは多文化、多階層の世界としてより強力なものとなるでしょう。我々のゴールは”世界が世界を救う”ことであり、そのために彼以上の適役はいません。」と胸躍るコメントを発表している。

もともと、日本のロボットアニメから多大な影響を受けているパシフィック・リム。ジョン・ボイエガ自身も『フォースの覚醒』のジャパン・プレミアで来日した際にはカメラに向かって興奮気味に「俺はホカゲ(NARUTOのキャラクター)になりたい!ホカゲになってニンジャダッシュしたい!」とテンションMAXだったので、パシフィック・リムの世界でもきっと活き活きとしてくれるだろう。

『パシフィック・リム2』の正式タイトルや公開スケジュールはまだ明らかになっていないが、2018年の公開と推測されている。

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly