Menu
(0)

Search

グザヴィエ・ドラン最新作『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』新予告編&ビジュアル公開 ─ キット・ハリントン演じる若きスターはなぜ死んだか

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
©2018THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

『わたしはロランス』(2012)『Mommy/マミー』(2014)『たかが世界の終わり』(2016)の若き天才、グザヴィエ・ドランの最新作にして初の英語作品、『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』が2020年3月13日(金)に公開される。このたび新ビジュアルと予告編が到着した。

2006年、ニューヨーク。人気俳優のジョン・F・ドノヴァンが29歳の若さでこの世を去った。自殺か事故か、あるいは事件か。真相の鍵を握るのは、11 歳の少年ルパート・ターナーだった。10年の歳月が過ぎ、かつてジョンとルパートが交わしていた “秘密の文通”が一冊の本として出版される。今では注目の新進俳優となったルパートが、100通におよぶ手紙の公開に踏み切ったのだ。さらにルパートは、著名なジャーナリストの取材を受け、すべてを明かすと宣言するのだった。華やかなスターの光と影、スキャンダラスな世界の表と裏。美しきスター、ジョン・F・ドノヴァンの死の真相とは……。

19歳の若さで2009年にデビューを果たしたグザヴィエ・ドランは、『Mommy/マミー』でカンヌ国際映画祭審査委員賞を、『たかが世界の終わり』でカンヌ国際映画祭グランプリに輝いた。着想から10年を経て挑んだ本作は、幼き日のドラン少年が、“憧れのスター”であるレオナルド・ディカプリオに宛てた手紙から生まれた物語であり、デビュー以来描き続けてきた「母と息子」というテーマの集大成だと監督自身が語る一作だ。

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
©2018THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

本予告編は、ドラン監督からのメッセージに始まり、大人になったルパートがジャーナリストに美しい思い出を語る場面や、ジョンとルパートの手紙を通した秘密の交流、その文通が世間に晒されスキャンダルを巻き起こしていく様子が捉えられている。あわせて到着した新ビジュアルは、美しきスターであるジョンと、名もなき少年ルパートが左右に並ぶ構成だ。ジョンの「僕を知るのは、世界にただ一人。君だけ―」という言葉、ルパートの「ジョン、君は僕のすべてなんだ」というせりふは、謎に包まれたスターの死を紐解くヒントになっているという。

謎の死を遂げた人気俳優ジョン・F・ドノヴァン役を演じるのは、自身も人気ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)で世界的スターに躍り出たキット・ハリントン。ドノヴァンと“秘密の文通”を交わす少年ルパート役は、『ルーム』(2015)『ワンダー 君は太陽』(2017)の天才子役ジェイコブ・トレンブレイ。さらに、ナタリー・ポートマン、キャシー・ベイツ、スーザン・サランドンというオスカー女優3人が脇を固める。

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
©2018THE DEATH AND LIFE OF JOHN F. DONOVAN INC., UK DONOVAN LTD.

なお映画館では、劇場でしか見られない劇場限定版予告編も上映中。映画館のみで使用を許可された劇中のテーマ曲、ザ・ヴァーヴの「Bitter Sweet Symphony」が使用された映像は、2020年3月13日(金)の劇場公開まで、映画館だけでしか観られない貴重な映像だ。ぜひ劇場で目撃してほしい。

ギャラリー

映画『ジョン・F・ドノヴァンの死と生』は、2020年3月13日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly