明日から使える!『ジョン・ウィック:チャプター2』スーパークールな名言集

何もかもが最高である。

『ジョン・ウィック:チャプター2』は「世界一キレたらいけない人をキレさせてしまう」という前作のコンセプトはそのままに、全ての面でバージョンアップした痛快作だ。超一流の殺し屋ジョンと同クラスのライバル、展開のスケール感、細かい裏社会のディティールなどアクション映画ファンを大満足させてくれるだろう。


そして、名画には必ず名台詞がある。ここでは、『ジョン・ウィック:チャプター2』を彩る台詞の一部を抜き出し、紹介していきたい。あなたの日常にも使える台詞があるかも?

【注意】

この記事には、映画『ジョン・ウィック:チャプター2』のネタバレが含まれています。

ジョン・ウィック:チャプター2

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

言われて悪い気はしない!相手へのヨイショ名言集

前作でもそうだったが『ジョン・ウィック:チャプター2』では登場人物によるジョンへのヨイショが尋常ではない残念なのは、いずれのヨイショもジョンの耳に入っていないことなのだが…。 

「あの男についての話は、どれもが控え目に語られている」(アブラム)

件のセリフ部分の本編映像

映画の冒頭、ジョンはまだロシアン・マフィアと激闘を続けていた。そういえば、前作、愛車のマスタングを取り戻せていなかった忘れていた映画の途中から「そういやなんで戦ってたんだっけか?」と気にはなっていたのだが…

ジョンが攻めてきたと聞かされ、ボスのアブラム(ピーター・ストーメア)は聞いてもいないのにジョンの恐ろしさをエピソード混じりに語り始める。1本の鉛筆で3人を殺したとか、本当に恐ろしいが、コスりすぎた話のようで側近は耳タコの様子。それでも飽き足らず冒頭の一言。マフィアのボスという極悪人ながら、観客に対しては、前説をする若手芸人のようなポジションを全うしてくれた。

「お前は悪魔を背中から刺した。司祭の教会を焼き払ったのだ」(ウィンストン)

ビジュアル系バンドの歌詞ではありません。コンチネンタル代表ウィンストン(イアン・マクシェーン)が、ジョンへの不義理で追い詰められていくサンティーノ(リッカルド・スカマルチョ)に放った台詞である。

悪魔はともかく聖職者は怒らせても復讐しちゃいけないだろ、という揚げ足はさておき、裏社会の幹部クラスともなれば詩的表現などお手の物である。人はジョンについて語るとき饒舌になってしまう。それが、寡黙で冷徹なジョンの凄みを際立たせるのだ。

シンプル・イズ・ベスト! 悪が放つあたりまえ名言集

あたりまえのことをあたりまえに言うとアホに見えるが(例:「夏は暑いなあ」)、『ジョン・ウィック』シリーズに出てくる裏社会の住人の「あたりまえ」は基準が独特すぎて戦慄させられる。 

「バーで一杯飲みたまえ。気分が落ち着く」(ジュリアス)

壮絶な肉弾戦を展開し、コンチネンタルホテルのロビーにまでなだれこむジョンとカシアン(コモン)。ジョンに雇い主を殺されたカシアンは、プロのプライドを傷つけられて復讐心に燃えている。

ジョン・ウィック:チャプター2

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

そんな二人を諌めるのがコンチネンタルホテルのローマ本部オーナー、ジュリアス(フランコ・ネロ)だ。コンチネンタル内での殺しは厳禁。そこで、ジュリアスから二人に提言がなされる。

「酒を飲んだら落ち着く」という至極真っ当な意見ではあるものの、リアルタイムで殺し合いをしていた男たちに贈る言葉としてはノリが軽すぎカタギではない世界にどっぷり浸かった人間ゆえに、暴力なんて珍しいものではないのである。 

「約束しよう。お前を殺すときは苦しませない。プロとしての礼儀だ」(カシアン)

ラッパーという饒舌さが売りの仕事をしているコモンだが、彼が演じたカシアンはクールな佇まいが印象的である。ジュリアスにいわれるがままバーで酒をあおった後、カシアンはジョンに淡々と「おまえの殺し方」を告げる。

「プロの礼儀」がぶつかり合うジョン VS カシアン戦は本作のベストバウトなので大注目だ。 

「家族を殺されて復讐するのは当たり前だし」(サンティーノ)

実の姉ジアナの暗殺をジョンに依頼し、世界的犯罪組織「主席連合」の椅子を狙うサンティーノ。引退したジョンには依頼を引き受けるつもりなどなかったが、「血の契約」をサンティーノと結んでいたために一回だけ、どんな依頼でも引き受けなければならなかったのだ。

友人でもあったジアナを殺害し、逃走を図るジョンだったが、逃走経路にはサンティーノの部下が待ち伏せしていた。サンティーノは口封じのためにジョンを最初から殺すつもりだったのである。

窮地を脱出したものの、怒りに震えるジョンにサンティーノが電話で事情を説明する。「だって、姉を殺したし…」そりゃそうだが、依頼したのはアンタだろ!

社会人が応用したい! 珠玉のジョン・ウィック名言集

最後はやはり主人公の台詞で締めよう。一流の殺し屋の言葉には、社会人の胸に響く矜持が隠されているはずだ。今日からさっそく、職場で応用してみるべし。 

「平和に乾杯」

マスタング奪還のため、マフィアのアジトを荒らすだけ荒らし、最後にボスのアブラムのもとへとご挨拶。勝手にウィスキーを注いで乾杯する無礼講モードで、親睦を深めます。乾杯の挨拶は手短に平和への祈りを捧げるジョンだった。「散々部下を殺しておいて平和って」とツッコミ受けてたけど。

やっぱり世の中平和が一番。仕事、結婚式、合コン、ありとあらゆる乾杯の挨拶は平和から始めたいものである。

「俺に貸しは作るな」

サンティーノの居所を突き止めるため、情報王のキング(ローレンス・フィッシュバーン)を頼るジョン。別れ際、「貸しにしておく」と言うキングにジョンが返した一言である。もともとは、サンティーノが「借りは返せよなっ」とジョンに迫ったことですべての騒動は始まったのだ。そして、実際、ジョンに貸しを作るとどうなるかは映画が証明している…。

ジョン・ウィック:チャプター2

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

みなさんも友達からお金を借りて、催促を迫られたときには「そもそも俺に貸しを作るのが悪い」と返してみよう。友情が崩壊するかもしれないが、ジョン並みの威圧感があれば借金がチャラになるかもしれないよ

「次会ったときがお前の最後だ」

ジョンの殺害を命じられたものの、惜しくも果たせなかったサンティーノの部下、アレス(ルビー・ローズ)。ブロック・パーティのギターの人(わかりにくいか)みたいな髪型が超クールな女エージェントである。

ジョン・ウィック:チャプター2

(C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

コンチネンタルでジョンと再会したとき、イキって「あんたは私が殺す」と宣言し、ジョンの返しがこれ。普通のありがちな台詞のようだが、ポイントはジョンの伝え方。ジョンはありとあらゆる外国語に堪能だったものの「まさかそれまで話せるの」と衝撃だった。

みなさんもアレスみたいに生意気な後輩がいたら、ビシッと台詞でシメてあげよう。

ジョン・ウィックの戦いはまだまだ続く… 第三作でも名言を量産し、我々を震えさせてほしい。

About the author

京都在住、農業兼映画ライター。他、映画芸術誌、SPOTTED701誌などで執筆経験アリ。京都で映画のイベントに関わりつつ、執筆業と京野菜作りに勤しんでいます。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。