Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、ファーストルックが米公開

https://www.instagram.com/p/CgSCyWBJ4zy/

キアヌ・リーブス主演『ジョン・ウィック』シリーズの最新作、『John Wick: Chapter 4(原題)』のファーストルックが米国で公開された。

この投稿をInstagramで見る

John Wick(@johnwickmovie)がシェアした投稿

本シリーズではキアヌ・リーブス演じる最強の殺し屋ジョン・ウィックさんの活躍が描かれてきたが、世界各国が舞台となる第4作では日本も登場するとのこと。2022年春にラスベガスで開催されたCinemaConの会場では、夜桜をモチーフとしたポスタービジュアルや、ジョン・ウィックさんがヌンチャクで戦う本編映像がお披露目となっていた(どちらもオンラインでは未公開)。

このたび公開されたファーストルックでは、ジョン・ウィックさんがキャンドルの灯に囲まれながら、瞑想しているようにも、あるいは逡巡しているようにも見える。チャド・スタエルスキ監督によって再び激しいアクションが描かれるはずの本作、おそらくはつかの間の穏やかなシーンだろう。

出演者にはキアヌ・リーブスのほか、過去作からバワリー・キング役のローレンス・フィッシュバーン、シャロン役のランス・レディック、ウィンストン役のイアン・マクシェーンが続投。新たに『IT/イット』シリーズのビル・スカルスガルド、『イップマン』シリーズのドニー・イェン、『密航者』(2021)のシャミア・アンダーソン、日本出身歌手のリナ・サワヤマ、『モータルコンバット』(2021)の真田広之、『ドクター・ストレンジ』(2016)のスコット・アドキンス、『ハイランダー 悪魔の戦士』(1986)のクランシー・ブラウンが名を連ねている。

映画『John Wick: Chapter 4 (原題)』は2023年3月24日に米国公開予定。

Source: Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly