Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック4』ローレンス・フィッシュバーンが続投へ ─ 脚本は「さらに深い」、ミスター・ワタナベなる新キャラ登場か

ジョン・ウィック:パラベラム
®, TM & © 2019 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

キアヌ・リーブスが主演を務めるアクションシリーズジョン・ウィック』第4作に、第2作『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)からバワリー・キング役で出演しているローレンス・フィッシュバーンが続投することがわかった。フィッシュバーン自らが認めている。

フィッシュバーン演じるバワリー・キングは、裏社会の更に地下に潜む組織を率いるニューヨークの情報王として第2作から登場した。このたび米Colliderのインタビューに応じたフィッシュバーンは、バワリー・キング役の続投を認めた上で「あと2〜3ヶ月後以内にベルリンに向かわなければいけません」と話している。

これまで撮影は「2021年夏開始」とだけ伝えられていたが、フィッシュバーンによれば、遅くとも8〜9月にはスタートする模様。主要撮影地は、フィッシュバーンが言及したドイツ・ベルリンと、フランスになることが判明済み。ニューヨークと日本でも行われるという。

撮影開始に備え、フィッシュバーンはすでに脚本に目を通していることも明かしている。「とっても良いものになっています」と語るフィッシュバーンは、「前3作と同じ世界ではありますが、さらに深みを増しています」と予告。「暗殺者としての掟や、ミスター・ワタナベが演じているある人物との関係などについては、特により深い内容になっています。それこそが作品の核であり、魂でしょう」と続けた。

フォッシュバーンは「ミスター・ワタナベ」という役者を挙げたが、Colliderによれば「ミスター・ワタナベ」は俳優名ではなく、本作に登場するキャラクター名であるという。舞台のひとつが東京になることも判明しているが、「ミスター・ワタナベ」なる人物の正体が気になるところだ。

第4作には、主演のキアヌ・リーブスが続投するほか、新キャストとして『イップマン』シリーズのドニー・イェン、日本出身の歌手リナ・サワヤマ、『密航者』(2021)のシャミア・アンダーソンの参加が決定済み。また、『IT/イット』シリーズのペニーワイズ役で知られるビル・スカルスガルドが出演交渉中であることも伝えられている

Source: Collider

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly