『パシフィック・リム』続編より「パイロット募集CM風」映像公開!ジョン・ボイエガ扮する新主人公が登場

ギレルモ・デル・トロ監督『パシフィック・リム』(2013)の続編、『パシフィック・リム:アップライジング(原題:Pacifim Rim: Uprising)』より、パイロットの募集CM風の予告映像が到着した。
『パシフィック・リム』は、近未来を舞台に、太平洋の海底から現れる怪獣と“イェーガー”と呼ばれる巨大ロボットが戦うSF怪獣映画。そのイマジネーションと映像表現に、世界中で熱狂的なファンを生んだ一作だ。

今回公開された予告映像には、『パシフィック・リム:アップライジング』の本編映像は含まれていないとみられる)。イェーガーのパイロットを募集するCMのような作りで、すでに開設されているスペシャルサイトへと誘導する仕掛けだ。

本予告編で機械音声のナレーションを務めるのは、前作『パシフィック・リム』でイェーガーのAI役を務めたエレン・マクレーン。いわく、「イェーガーとは何か? イェーガーとは、人間による発明の頂点である。怪獣たちが現れたとき、我々はヒーローが空から舞い降りて救ってくれるのを待たなかった。我々は我々自身を救ったのだ。発明とは、我々の大いなる力である」……。

今回公開されたのはわずか1分ほどの短い映像だが、そこには続編『アップライジング』で活躍するであろうイェーガーの姿はもちろん、最後には『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)で一躍有名となったジョン・ボイエガ扮する新主人公ジェイク・ペントコストも登場する。スタッカーは前作の主人公スタッカー・ペントコスト(イドリス・エルバ)の息子という設定だ。ところで前作のイェーガーは2人1組で操縦する仕組みだったが、もしかして今回は1人だけでも操縦できるのだろうか……?

なお映像の最後に登場するアドレスにアクセスすると、特設サイト「ゴー・イェーガー(GOJAEGER)」を閲覧することができる。イェーガーについての解説のほか、新イェーガーである「ジプシー・アベンジャー」「ブレイサー・フェニックス」「セイバー・アテナ」「タイタン・リディーマー」「ガーディアン・ブラボー」の設計図もダウンロードできるので、気になる人はぜひチェックしてほしい。
ちなみに同サイトはメニューより言語を設定することができるものの、2017年7月21日現在日本語には対応していない。

映画『パシフィック・リム:アップライジング』は2018年2月23日に全米公開予定
新キャストとして、ボイエガのほか『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)のスコット・イーストウッド、新人女優カイリー・スパイニー、『グレートウォール』(2016)のジン・ティエンが参加。前作に続き、菊地凛子、チャーリー・デイ、バーン・ゴーマンが出演する。ギレルモ・デル・トロに代わって監督を務めるのは、ドラマ『デアデビル』のスティーヴン・S・デナイトだ。

Sources: http://ew.com/movies/2017/07/20/pacific-rim-uprising-trailer/
http://deadline.com/2017/07/pacific-rim-uprising-teaser-trailer-jaeger-john-boyega-1202132366/
http://io9.gizmodo.com/behold-pacific-rim-uprisings-glorious-new-giant-robot-1797100173
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=Am-gG-VyXPg サムネイル

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。