スカーレット・ヨハンソン『マイティ・ソー バトルロイヤル』監督の新作に出演!第2次世界大戦下、ユダヤ人匿う母親演じる

映画『アベンジャーズ』シリーズなどのブラック・ウィドウ役、『ゴースト・イン・ザ・シェル』(2017)ほかで知られる女優スカーレット・ヨハンソンが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のタイカ・ワイティティ監督による新作映画に出演することになりそうだ。米Variety誌が報じている。

タイカ監督による新作のタイトルは『ジョジョ・ラビット(原題:Jojo Rabbit)』。第2次世界大戦下のドイツを舞台に、手榴弾で重傷を負った、傲慢で愛国心の強い10歳の少年を主人公とするストーリーだ。
物語は、ユダヤ人の少女を母親が自宅にかくまっていることを、ある日少年が知るところから始まる。ファシストが台頭する中、周囲とうまくなじめず母親にも誤解されている彼は、自分の居場所を求めて空想上の友人に助けを求めるのだ。


製作を担当するのは『スリー・ビルボード』(2017)や『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)などを手がけたフォックス・サーチライト・ピクチャーズで、スカーレットは主人公の母親役を演じる予定。Varietyによると、スカーレットは出演交渉の最終段階にあるという。

また米The Wrap誌は、タイカ監督が本作の脚本・製作を兼任するほか、俳優として、少年が空想する友人=アドルフ・ヒトラー役を演じると伝えている。主人公の少年には父親がおらず、ナチスによるプロパガンダと不在の父親のイメージが混じって、「孤独な少年にとってのヒーロー」として空想の中に現れるという設定だ。「私たちの知る、憎まれるアドルフではありません。おっちょこちょいで、チャーミングで、子どもらしいナイーブな日々を駆け抜けていく男なんです」と監督は語っている。

なおタイカ監督は、自身の手がけた映画『シェアハウス・ウィズ・ヴァンパイア』(2014)を米国にてドラマ化する『ホワット・ウィー・ドゥー・イン・ザ・シャドウズ(原題:What We Do in the Shadows)』を製作中。本作は主人公を演じる俳優が決まったのち、2018年5月後半の撮影開始が目指されているという。

Sources: Variety, The Wrap
Eyecatch Image: [左]©THE RIVER [右]Photo by Gage Skidmore Remixed by THE RIVER

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。