Menu
(0)

Search

『ジョジョ・ラビット』トロント映画祭最高賞、タイカ・ワイティティ監督とFOXサーチライト会長から喜びのコメントが到着

ジョジョ・ラビット
(C)2019 Twentieth Century Fox&TSG Entertainment

名門FOXサーチライト・ピクチャーズ製作、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)のタイカ・ワイティティ監督最新作『ジョジョ・ラビット』が、第44回トロント国際映画祭の最高賞(観客賞)を受賞した。このたび、タイカ監督とFOXサーチライト会長から喜びのコメントが到着している。

タイカ・ワイティティ監督

『ジョジョ・ラビット』は寛容と理解を失った時代を舞台にした、寛容と理解の物語です。私はこの映画を製作するにあたって、私たちが最も混乱した状況にあっても、どんな年齢、宗教、人種、性別であれ、まだお互いが繋がりあうことができることを思い出せるよう願います。
この映画を作ることは素晴らしい体験でしたし、トロント映画祭を皮切りに、世界がこの映画を見る機会を持ってくださることを幸せに思います。


ジョジョ・ラビット
(C)2019 Twentieth Century Fox

ナンシー・アトリー&スティーブ・ギルラ(FOXサーチライト共同会長)

私たちはトロント映画祭で、『ジョジョ・ラビット』に対する観客の反応を目の当たりにしました。私たちは、この映画やタイカ、すべての製作スタッフ、そして愛が悪を超えるのだというメッセージを、この上なく誇りに思います。『ジョジョ・ラビット』を世界中に紹介できることを楽しみにしています。

物語の舞台は第二次世界大戦中のドイツ。10歳の少年ジョジョは、空想上のアドルフ・ヒトラーを父親代わりに、青少年ヒトラー・ユーゲントで立派な兵士を目指して奮闘していた。しかし心優しいジョジョは、訓練でウサギを殺せずに「ジョジョ・ラビット」のあだ名でからかわれてしまう。そんなある日、ジョジョは、シングルマザーの母親がユダヤ人の少女を自宅に匿っていることを知ってしまい…。タイカ監督渾身の“反ヘイト風刺劇”である本作は、笑いをもって戦争や憎悪、差別といったテーマをえぐりながら、戦時下における人々の生きる喜びを描くハートフル・コメディでもある。

主人公ジョジョ役は新人ローマン・グリフィン・デイヴィス、母親ロージー役は『マイティ・ソー バトルロイヤル』にもカメオ登場したスカーレット・ヨハンソン。ユダヤ人少女を『足跡はかき消して』(2018)の新鋭トーマサイン・マッケンジー、ナチスのキャンプ・リーダーを『スリー・ビルボード』(2017)でアカデミー助演男優賞に輝いたサム・ロックウェルが演じるほか、『ピッチ・パーフェクト』シリーズのレベル・ウィルソン、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-2019)アルフィー・アレン、『LOGAN/ローガン』(2017)スティーヴン・マーチャントらが出演。脚本・監督・製作、そしてアドルフ・ヒトラー役はタイカ・ワイティティが務めた。

映画『ジョジョ・ラビット』は2020年1月全国ロードショー

あわせて読みたい

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly