Menu
(0)

Search

DC映画『ジョーカー』幼いブルース・ウェイン&執事アルフレッドが登場へ ― 『ビューティフル・デイ』子役が出演

ジョーカー

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、“狂気の犯罪王子”ジョーカーのオリジンを描く映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』に、のちにバットマンとなる幼いブルース・ウェイン、執事のアルフレッド・ペニーワースが登場することがわかった。米ComicBook.comが第一報を伝えたのち、大手紙の米The Hollywood Reporterが報じている。

『ジョーカー』で幼いブルース・ウェインを演じるのは、Netflixドラマ「Happy!」(2017-)などに出演している子役ダンテ・ペレイラ=オルソン。ジョーカー役のホアキン・フェニックスが主演を務めた『ビューティフル・デイ』(2017)では、ホアキン演じる主人公ジョーの子供時代を演じていた。本作では一転、のちに敵対関係で結ばれるキャラクターに扮することとなる。

また、本作ではブレット・カレンが演じるトーマス・ウェインを主人とする、ウェイン家の執事アルフレッド役には映画『レッド・スパロー』(2018)やドラマ「ナイト・マネジャー」(2016-)のダグラス・ホッジ。「ブラックミラー」シーズン4(2017)の第4話『ブラックミュージアム』にも出演するなど、話題のテレビドラマに数々出演する俳優だ。

1980年代を舞台に、主人公の青年が“狂気の犯罪王子”へと変貌する様子を描き出していく『ジョーカー』は、マーティン・スコセッシ監督作品『キング・オブ・コメディ』(1982)の影響を受けた「社会から疎まれた男を現実的な人物描写で描く」作品とのこと。あくまでジョーカーの物語となるため、物語にトーマス&ブルース親子やアルフレッドがどこまで深く関わるかは定かでない。ただし3人の登場は、確実に『ジョーカー』という作品のストーリーに広がりをもたらすことになるだろう。

なお本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『ジャスティス・リーグ』(2017)などのDC映画ユニバースとは世界観を共有しない新ブランドの第1弾として製作される。したがってホアキン演じるジョーカーは『スーサイド・スクワッド』(2016)のジャレッド・レト版ジョーカーとは別人であり、幼いブルース・ウェインもベン・アフレック扮するブルースとは別人だ。

主人公アーサー・フレック/ジョーカーを演じるのは、『ザ・マスター』(2012)や『her/世界でひとつの彼女』(2013)などのホアキン・フェニックス。トーク番組の司会者役で名優ロバート・デ・ニーロ、アーサーに興味を寄せられるシングルマザー役で『デッドプール2』(2018)のザジー・ビーツ、アーサーの母親役でドラマ「シックス・フィート・アンダー」(2001-2005)や映画『ブロークン・フラワーズ』(2005)のフランセス・コンロイ、そしてブルースの父親トーマス・ウェイン役でブレット・カレンが出演する。

脚本・監督は、『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。共同脚本は『8マイル』(2002)や『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーが務め、プロデューサーには俳優ブラッドリー・クーパーが名を連ねた。

映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』は2019年10月4日より米国公開予定

Sources: THR, ComicBook.com(1, 2

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly