Menu
(0)

Search

【ネタバレ】『ジョーカー』クライマックス、なぜアーサーは◯◯したか ─ ホアキン・フェニックス、トッド・フィリップス監督が解説

ジョーカー
(C)2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & (C) DC Comics

DCコミックス原作映画『ジョーカー』は、ホアキン・フェニックス演じる主人公アーサー・フレックが、コミックでは“狂気の犯罪王子”として知られるジョーカーへと、ゆるやかに変貌を遂げていく物語だ。映画の終盤には、アーサーがある行動に踏み切り、そこからストーリーは怒涛の結末になだれ込んでいく。

もちろん未見の方には決して明かすことのできないクライマックスの展開、その決定的瞬間において、アーサーは何を考えていたのか。演じたホアキン・フェニックス、そして脚本・監督のトッド・フィリップスが解説してくれた。


この記事には、映画『ジョーカー』の重大なネタバレが含まれています。

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly