Menu
(0)

Search

DC映画『ジョーカー』10月4日、日米同時公開決定 ─ 特報映像&ポスター到着、ホアキン・フェニックス&ロバート・デ・ニーロらが贈る本格ドラマ

ジョーカー
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

一人の男が、巨悪へと変貌していく
DCコミックス屈指の人気ヴィラン、“狂気の犯罪王子”ジョーカーの単独映画にして、アカデミー賞俳優が織りなす本格エンターテイメント『ジョーカー』が、2019年10月4日(金)に日米同時公開されることがわかった。

先日世界解禁されたUS版予告映像につづき、このたび日本版特報映像とポスタービジュアルが到着。コミックファンのみならず全映画ファン注目の一本がやってくる。


「どんな時も笑顔で」「人々を楽しませなさい」。母の言葉を胸に、大都会で大道芸人として生きていたアーサー・フレック。公開された特報映像は、ピエロの格好をしたアーサーが、地下鉄でひとり笑い声をあげる場面から始まる。ジョークで世界に笑いを届けるはずだったアーサーに、一体何が起きたのか。「俺の人生は悲劇だ。いや違う、喜劇だ」。緑色の髪、白い肌、そして口が裂けたかのようなピエロのメイク、“ジョーカー”となったアーサーの姿で映像は幕を下ろす。

本作でアーサー・フレック/ジョーカーを演じるのは、3度のアカデミー賞ノミネート実績を持つホアキン・フェニックス。これまでジャック・ニコルソン(『バットマン』)やヒース・レジャー(『ダークナイト』)、ジャレッド・レト(『スーサイド・スクワッド』)といった名優たちが演じてきたジョーカーの歴史に、ホアキンが新たな一ページを加える。共演には名優ロバート・デ・ニーロ、『デッドプール2』(2018)のザジー・ビーツらが名を連ねた。

脚本・監督は『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。共同脚本として『ザ・ファイター』(2010)でアカデミー賞脚本賞にノミネートされたスコット・シルバーも参加した。早くもアカデミー賞への期待がかかる本格エンターテイメント、その全貌が待たれる。

ジョーカー
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

映画『ジョーカー』は2019年10月4日(金)日米同日、全国ロードショー

US版予告、もう見た?

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly