Menu
(0)

Search

DC映画『ジョーカー』米国版新予告編が公開 ─ ホアキン・フェニックス主演、ひとりの男はいかにして「巨悪」となるか

https://www.youtube.com/watch?v=zAGVQLHvwOY

ひとりの男が、巨悪へと変貌する
DCコミックス屈指の人気ヴィラン、“狂気の犯罪王子”ジョーカーの誕生をホアキン・フェニックス主演で描く『ジョーカー』の米国版新予告編が公開された。


バスの中、前の座席に座っている男の子を笑わせているのは、主人公の男アーサー・フレックだ。男の子はアーサーの表情に無邪気な笑い声を上げるが、その母親は冷淡だ。「うちの子にちょっかいをかけるのはやめてもらえません?」、「すみません」。

一人で街を歩き、建物の中では甲高い笑い声を上げては、アーサーはすぐに真顔に戻る。「悪いお知らせがあります。ミーティングはこれが最後になります」。カウンセラーの女性が口にすると、アーサーは答える。「僕の言葉を聞いてないんですか? あなたは毎週、同じ質問を繰り返しますよね。仕事はどうだ、ネガティブなことは考えてないかって。僕が考えるのはネガティブなことだけですよ」。ピエロの格好に身を包み、街中で働いているアーサーは、仕事を邪魔され、時に暴力も振るわれる。

母の病室に腰かけるアーサーは、テレビに登場している人気コメディアンの言葉を聞く。「世界中のみなさんが、私の仕事は誰にでもできると思ってる。この人を見てくださいよ」。そこではアーサーが、「子どもの頃、僕はコメディアンになりたいと言って、みんなに笑われていました。今では誰も笑わない」。司会者の男は「これはみなさんにも言えること」とつぶやき、観客は笑う。

ピエロのマスクはゴミ箱に捨てられ、テレビには「我々は道化だ」とのカードを手にした人物が映り、アーサーが思いを寄せるシングルマザーは「ほんとに不愉快じゃない?」と一言。顔を白く塗り、スーツに身を包んだアーサーは、一人で踊り、時には素顔でステージに立ち、ピエロのマスクをかぶった男を笑顔で見送る。「自分が存在しているのかどうかさえわからない人生だった。だけど、僕は存在している」。ピエロのデモ隊と警備隊が格闘する中、アーサーも笑顔で拳を上げる。「みんな、そのことに気づき始めてる」

病院らしき場所を駆け抜け、救急車とパトカーが衝突する。大笑いするアーサーを、トーマス・ウェインは「面白いのか?」と言い放つと殴りつける。街に混沌が広がり、地下鉄の中で、白塗りのアーサーは仮面をかぶって“ピエロ”の一員になった。

「マリー、ちょっとしたお願いが。僕を紹介する時は、“ジョーカー”と呼んでくれませんか?」。そして、いよいよステージの幕が開く。

ジョーカー
© 2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved” “TM & © DC Comics”

主人公アーサー・フレック/ジョーカー役は、『ザ・マスター』(2012)『her/世界でひとつの彼女』(2013)などのホアキン・フェニックス。人気司会者マリー役でロバート・デ・ニーロ、シングルマザー役で『デッドプール2』(2018)ザジー・ビーツ、アーサーの母親役で「シックス・フィート・アンダー」(2001-2005)フランセス・コンロイが出演する。また、本作にはDCコミックスおなじみのキャラクターも登場。幼いブルース・ウェイン役を『ビューティフル・デイ』(2017)ダンテ・ペレイラ=オルソン、トーマス・ウェイン役を「ナルコス」(2015-2017)ブレット・カレン、執事アルフレッド役を『レッド・スパロー』(2018)ダグラス・ホッジが演じる。

すでに本作には各国の映画祭ディレクターから「今年もっとも驚くべき映画」「リアルでダーク、暴力的ですが、アカデミー賞まっしぐらでしょう」との絶賛が、そしてホアキンにも「キャリア史上最高の演技」との声が寄せられている。DC映画どころかコミック映画をも刷新しかねない勢いの前評判、果たしてその全貌は……。

脚本・監督を務めたのは、『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。共同脚本は『8マイル』(2002)『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーが担当し、プロデューサーには俳優ブラッドリー・クーパーが名を連ねている。

映画『ジョーカー』は2019年10月4日(金)日米同日、全国ロードショー

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly