Menu
(0)

Search

DC映画、ジョーカー単独作品のタイトルが決定 ― 2019年10月4日米国公開、ホアキン・フェニックス主演

ホアキン・フェニックス
Photo by Diana Ringo https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Joaquin_Phoenix_at_the_2018_Berlin_Film_Festival.jpg Remixed by THE RIVER

ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、“狂気の犯罪王子”ジョーカーの単独映画が2019年10月4日に米国公開されることがわかった。あわせて、本作のタイトルは『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』に決定している。
これは、米国で開催されるポップカルチャーの祭典「San Diego Comic Con 2018」に先がけてワーナーが公式に発表したもの。同イベントではさらなる情報公開も期待されるところだ。

ゴッサム・シティの犯罪王子として暗躍する「バットマン」シリーズの人気ヴィラン、ジョーカーのオリジン(出自物語)を描く本作は、ワーナーによると「社会から疎まれた男について、現実的な人物描写をもって、より大きく警告する物語として掘り下げる」内容になるという。
ジョーカー役を演じるのは、『ザ・マスター』(2012)や『her/世界でひとつの彼女』(2013)などのホアキン・フェニックス。ワーナー&DCが展開している「DC映画ユニバース」とは世界観を共有しないため、『スーサイド・スクワッド』(2016)のジャレッド・レト版ジョーカーは本作のジョーカーとは別人扱いとなる(ジャレッド版のスピンオフ映画も企画中)。

『ジョーカー』の脚本・監督を務めるのは『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。共同脚本として、『8マイル』(2002)や『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーが参加している。
なお企画の第一報が報じられた当初、本作には巨匠マーティン・スコセッシ監督が製作総指揮として参加すると伝えられたが、どうやらスコセッシは不参加となった模様。ただしプロデューサー陣には、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)や『沈黙 -サイレンス-』(2016)、『The Irishman(原題)』(2019)など近年のスコセッシ作品を手がけるエマ・ティリンガー&リチャード・バラッタの名前が確認できる。撮影は2018年9月より開始され、製作費は約5,500万ドルという異例の低予算だ。

ところで『ジョーカー』が米国公開される2019年10月は、今から話題作がひしめいている“激戦区”だ。ウィル・スミス主演のSFアクション映画『Gemini Man(原題)』やエイミー・アダムス主演のスリラー『The Woman in the Window(原題)』、アンセル・エルゴート主演『The Goldfinch(原題)』、そしてドウェイン・ジョンソン主演のディズニー実写映画『ジャングルクルーズ(邦題未定、原題:Jungle Cruise)』も控えている。
ちなみに『ジョーカー』の公開1ヶ月後にあたる2019年11月1日には『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、原題:Wonder Woman 1984)』も待機中。もしかしてDCの秋がやってくる…!?

映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』は2019年10月4日より米国公開予定

Sources: THR, Variety
Eyecatch Image: Photo by Diana Ringo Remixed by THE RIVER

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly