Menu
(0)

Search

DC映画『ジョーカー』撮影終了 ─ ホアキン・フェニックス主演、「狂気の犯罪王子」の誕生描く

ジョーカー

米ワーナー・ブラザース&DCコミックス製作、ホアキン・フェニックス主演による映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』の撮影が終了した。トッド・フィリップス監督がInstagramにて報告している。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

That’s a wrap on production. Thanks to the greatest crew NYC has to offer. It was a fun shoot— but we’re not there yet. #editingroom

Todd Phillipsさん(@toddphillips1)がシェアした投稿 –

本撮影の終了、ニューヨークの撮影チームへの感謝を記したフィリップス監督は、「楽しい撮影でした…が、まだ終わっていません #編集室」と書き添えている。その言葉通り、監督をはじめとした製作チームは編集作業をはじめとするポストプロダクション(仕上げ作業)に進んでいくのだ。

本作は1980年代を舞台に、一人の青年が“狂気の犯罪王子”へと変貌していく様子を追うストーリー。マーティン・スコセッシ監督作品『キング・オブ・コメディ』(1982)の影響を受けて、「社会から疎まれた男をリアルな人物描写で」描く作品となるようだ。『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『ジャスティス・リーグ』(2017)などのDC映画ユニバースとは世界観を共有しないため、本作のジョーカーは『スーサイド・スクワッド』(2016)のジャレッド・レト版ジョーカーとは別人である。

主人公アーサー・フレック/ジョーカーを演じるのは、『ザ・マスター』(2012)や『her/世界でひとつの彼女』(2013)などのホアキン・フェニックス。トーク番組の司会者役でロバート・デ・ニーロ、アーサーに興味を寄せられるシングルマザー役で『デッドプール2』(2018)のザジー・ビーツ、アーサーの母親役でドラマ「シックス・フィート・アンダー」(2001-2005)のフランセス・コンロイが出演する。

なお本作には、DCコミックスおなじみのキャラクターも登場。幼いブルース・ウェイン役を『ビューティフル・デイ』(2017)のダンテ・ペレイラ=オルソン、トーマス・ウェイン役を「ナルコス」(2015-2017)のブレット・カレン、執事アルフレッド役を『レッド・スパロー』(2018)のダグラス・ホッジが演じる。

脚本・監督は、『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。共同脚本は『8マイル』(2002)や『ザ・ファイター』(2010)のスコット・シルバーが務め、プロデューサーには俳優ブラッドリー・クーパーが名を連ねた。

映画『ジョーカー(邦題未定、原題:Joker)』は2019年10月4日より米国公開予定

Source: Todd Philips

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly