Menu
(0)

Search

『ジョーカー』続編、『ハリー・ポッター』マッドアイ・ムーディ役ブレンダン・グリーソンが出演決定

Mario Antonio Pena Zapatería https://commons.wikimedia.org/wiki/File:BrendanGleeson_20050924.jpg

DCコミックス原作『ジョーカー』(2019)の続編映画Joker: Folie à deux(原題)』に、『ハリー・ポッター』シリーズのマッドアイ・ムーディ役で知られ、『パディントン2』(2017)などで活躍するベテラン俳優のブレンダン・グリーソンが出演することが分かった。

Deadlineによれば、グリーソンが演じる役柄は明かされていないが、ジョーカー/アーサー・フレック役を再演するホアキン・フェニックス、ハーレイ・クイン役を演じる見込みのレディー・ガガに加わることになる。トッド・フィリップスが再びメガホンを取り、スコット・シルヴァーと共同脚本も兼任。2022年8月には、前作でアーサーの空想の恋人で、隣人のソフィー役にふんしたザジー・ビーツが出演交渉中だと伝えられた。

アイルランド出身のグリーソンは、30年以上のキャリアを誇る熟練俳優で、『M:I‐2』(2000)、『ギャング・オブ・ニューヨーク』(2001)、『28日後…』(2002)、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』(2014)、『白鯨との闘い』(2015)など数多くの大作・話題作に名脇役として出演。スティーヴン・キングの小説をドラマ化した「ミスター・メルセデス」(2017‐2019)では、ビル・ホッジス役で主演している。息子のドーナル・グリーソン、ブライアン・グリーソン共に俳優で、ドーナルとは『ハリー・ポッター』シリーズで、ブライアンとは『アサシン クリード』(2016)で親子共演を果たしている。

ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞、アカデミー賞で主演男優賞し、作品として高い評価を得たDC映画『ジョーカー』の続編は、『バットマン』シリーズでおなじみのヴィランたちが収容され、ハーレイ・クインとジョーカーが精神科医と患者として出会い恋に落ちた精神病院、“アーカム・アサイラム”が舞台になるという。ミュージカル映画になるとも伝えられているが、依然として全貌はベールに包まれた状態だ。

映画『Joker: Folie à deux(原題)』は2024年10月4日の米国公開予定。2022年12月より撮影開始の見込み。

Source:Deadline

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly