Menu
(0)

Search

DC映画の元プロデューサー、ジョン・バーグがNetflixと女性コメディ映画の企画に着手

Netflix

『ワンダー・ウーマン』(2017)『ジャスティス・リーグ』(2017)『アクアマン』(2018)など、数々のDC映画作品を手がけたジョン・バーグが、Netflixと共にコメディ映画(タイトル不明)を企画中であることがわかった。女性が主人公になるという。米Varietyが報じている。

本作には、ジョーダン・ローターとモニカ・コーコラン・ハレルの脚本チームが就任しており、物語の詳細は不明だ。バーグに加え、製作は『IT/イット』シリーズや『ドクター・スリープ』(2019)、『レゴバットマン ザ・ムービー』(2017)などを手掛けたプロデューサーのロイ・リーが務めることがわかっている。ワーナー・ブラザーズの製作部門の共同社長を務めてきたバーグは、2017年に同社を去り、リーの映画製作会社Vertigo Entertainmentに参画。この度の発表と併せて、自身の製作会社Good Luck Kid Productionsとしての独立を発表した。

ちなみに、バーグにとって新たな門出となる同社の第1作は、DCコミックスのヒーロー、バットマンを主人公としたラジオドラマになるとのこと。全10話構成の同作では、米人気コメディ番組「サタデー・ナイト・ライブ」脚本・プロデューサーのデニース・マクニコラスが監督・脚本に就任している。

Source:Variety

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly