Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、日本出身の歌手リナ・サワヤマが参戦

Rina Sawayama リナ・サワヤマ
Photo by Justin Higuchi https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:Rina_Sawayama_04_30_2018_-40_(41396289380).jpg

キアヌ・リーブス主演の人気アクションシリーズジョン・ウィック』の第4作に、イギリスを拠点に活動する日本出身の音楽家・ミュージシャンのリナ・サワヤマが出演することがわかった。米Deadlineが報じている。

サワヤマは、1990年新潟県出身。4歳の時、父親の転勤に伴いロンドンに移住した。その後も現地での生活を続け、ケンブリッジ大学に入学。政治学を専攻する一方で、楽曲作りにも専心し、大学卒業後からアーティストとして本格的に活動をスタートさせた。奇抜なスタイルは世界中から注目の的となり、ファッションアイコンとしても脚光を浴びている。日本ではavex traxに所属。

このたび、サワヤマは『ジョン・ウィック』第4作で映画初出演を飾る。演じる役柄は明かされていないが、本作の撮影が東京で行われることが判明していることもあり、劇中での活躍に期待が高まる。チャド・スタエルスキ監督は、サワヤマに期待を寄せるコメントを発表。「リナにとっての長編映画デビューを、『ジョン・ウィック:チャプター4』で迎えることができてとても嬉しいです。彼女は素晴らしい才能の持ち主で、この映画にもたくさん活躍してくれると思います」。

発表後、サワヤマも自身のInstagramで喜びを爆発させている。「!!!!『ジョン・ウィック4』で映画デビュー!!!!」。

この投稿をInstagramで見る

Rina Sawayama(@rinasonline)がシェアした投稿

『ジョン・ウィック』第4作は、主にベルリンとパリで撮影を実施。ニューヨークと日本で追加撮影が行われる予定だという。撮影開始は2021年夏の見込み。米公開は2022年5月27日。

あわせて読みたい

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly