Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』監督、『マイティ・ソー バトルロイヤル』を絶賛!「現代の傑作」

マイティ・ソー バトルロイヤル
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

映画マイティ・ソー バトルロイヤルを、マーベル・シネマティック・ユニバースの功労者であるジョス・ウェドン監督が絶賛した。ジョス監督は『アベンジャーズ』(2012)、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)の脚本・演出を手がけ、ドラマ『エージェント・オブ・シールド』(2013-)の製作総指揮を務めてきた人物だ。

つまり、こういうことです。タイカ・ワイティティ(監督)は現代の傑作をつくった。壮大で、すごく笑えて、美しくて、強く心に訴えかけて、すごく笑える。僕はとても幸せです。

数多くの映画やテレビで脚本を務めてきたウェドン監督は、『アベンジャーズ』シリーズで、ヒーローたちの織りなすスペクタクルとユーモアを両立させる“お祭り映画”を世に送り出してきた。その作風には賛否が分かれることもあったが、『マイティ・ソー バトルロイヤル』を手がけたワイティティ監督のドラマ性とユーモアを同じように重要視する作風には、ウェドン監督もきっと相通じるところを感じたのだろう。かつてのキーパーソンが熱い賛辞を送る一作、いったいどんな仕上がりになっているのだろうか……?

なおウェドン監督自身は、残念ながら『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』を最後にマーベル・スタジオの長編映画には一切関与していない。スタジオとの方向性の違いがあったことも示唆されているが、その真相は不明だ。
ちなみに現在、ウェドン監督はワーナー・ブラザース/DCコミックス作品のキーパーソンとなっており、映画『ジャスティス・リーグ』(2017年11月23日公開)をザック・スナイダー監督に代わって仕上げたほか、『バットガール(原題:Batgirl)』の脚本・監督を務めることがわかっている。

映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』は2017年11月3日より全国の劇場にて公開中

Source: https://screenrant.com/thor-ragnarok-joss-whedon-review/
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly