Menu
(0)

Search

クリステン・スチュワート『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』公開決定 ─ ローラ・ダーン共演、架空の美少年作家描く実話

ふたりのJ・T・リロイ
© 2018 Mars Town Film Limited

アメリカ文壇に彗星のごとく登場し、時代の寵児となった美少年作家J・T・リロイをクリステン・スチュワートが演じる映画『Jeremiah Terminator LeRoy(原題)』が、『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』の邦題で2020年2月14日に日本公開されることが明らかになった。

ふたりのJ・T・リロイ
© 2018 Mars Town Film Limited

映画『サラ、いつわりの祈り』の原作者としても知られる美少年作家J・T・リロイは、ふたりの女性が創り上げた架空の人物だった。2000年代に一大スキャンダルとして報じられたこの驚くべき事件について、初めてJ・Tの分身を担ったサヴァンナの視点から映画化。彼女は、なぜローラに言われるがまま数年間もJ・Tを演じ続けたのか?


『トワイライト』シリーズ、新『チャーリーズ・エンジェル』のクリステン・スチュワートと、ローラ・ダーンの二大女優が豪華共演で鮮烈な演技を披露。さらにダイアン・クルーガー、ジム・スタージェス、コート二―・ラヴらが脇を固める。

監督はガス・ヴァン・サント製作総指揮の作品でデビューを飾った新鋭ジャスティン・ケリー。最初は小さな嘘だったが、何度も演じるうちに架空がリアルを超え、サヴァンナ自身もJ・Tと一体化していく。ローラの操り人形に過ぎなかったサヴァンナが、ひとりで歩き出す瞬間はスリリングにして実にドラマティックだ。“嘘のような本当の話”が今、ここに紐解かれる。

『ふたりのJ・T・リロイ ベストセラー作家の裏の裏』は2020年2月14日(金)よりシネマカリテ&YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly