【ネタバレ解説】『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』はオリジナル版とどう繋がっているか

2018年4月6日より日本公開の映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、1996年公開のロビン・ウィリアムズ主演による名作『ジュマンジ』の続編にあたる。このオリジナルから、「ジュマンジ」がボードゲームからTVゲームになった点や、「ゲームの中のものが現実世界に飛び出してくる」という設定から「ゲームの世界の中に吸い込まれる」という逆転的な変更点が見られているのがポイントだ。

この度の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』は、オリジナル版とどのように繋がるのか。海外メディアによるインタビュー発言や、筆者が本作のキャストに直接尋ねて得られた証言を元に解説したい。

注意


この記事には、1996年の映画『ジュマンジ』および2018年の『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』の内容が含まれています。

オリジナル版『ジュマンジ』では、物語の最後に子供時代に戻ったアランとサラが「ジュマンジ」のボードゲームを川に流して放棄していた。『ウェルカム・トゥ・ジャングル』では、このボードゲームが浜辺に打ち上がったのが発見されるところから始まる。ここでの舞台設定は1996年。オリジナル版でアランとサラが「ジュマンジ」を捨てたのが1995年の設定なので、『ウェルカム・トゥ・ジャングル』冒頭シーンはオリジナル版から1年未満後ということになる。

 

オリジナル版では、1969年にゲーム内のジャングルに閉じ込められたアラン・パリッシュ(ロビン・ウィリアムズ)が、ジュディとピーターという姉弟がボードゲームを発見してサイコロを降ったことから26年ぶりに現実世界に復活する。ゲーム世界から召喚されてしまった危険な動物たちや天災に振り回されながら、彼らがゲームクリアを目指す騒動が描かれた。しかし、ここでゲーム内の世界がどのような様相を呈していて、アランはいかにして26年間のサバイバル生活を送っていたのかは語られなかった。

ジュマンジ

© 1995 TriStar Pictures, Inc. All Rights Reserved.

「ロビン・ウィリアムズのキャラクターって、一作目で(ゲーム内の世界で)ずっとどうしていたんだろうって、いつも思っていたんです。」本作のカレン・ギランは、米Colliderに向けてこう語っている。「想像の余地が残されていましたよね。今作が切り込むのはそこで、彼がどんな世界に行っていて、どんな感じだったかのかを描くんです。そこが(一作目との)最大の違いでしょう。」

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

ロビン・ウィリアムズが演じたアランの設定に、『ウェルカム・トゥ・ジャングル』の中で最も近しい存在となるのがニック・ジョナス演じるアレックスだ。TVゲーム機に姿を変えた「ジュマンジ」を1996年に起動して以来、パイロットのシープレーンとしてゲーム世界のジャングルでサバイバル生活を送っている。我々が出会う頃には既に残りライフはひとつ。ゲーム世界では時間の経過が異なるようで、現実世界でおよそ20年ほどの時が流れていることを認知していなかった。カレン・ギランの言う「ロビン・ウィリアムズのキャラクターがゲームの中でどうしていたのか」を体現したのが、このアレックスだったというわけだ。THE RIVERでは、これを演じたニック・ジョナスに話を聞いている。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル

©THE RIVER

今作が初の映画本格出演となるニックは、この役のオファーを受けたときは「スリルを覚えた」という。

僕の役は、ロビン・ウィリアムズへのトリビュートだと思うし、オリジナル版に最も敬意を払ったものだと思う。だから凄く光栄でしたし、第一作目と今作をつなぐピースになれたと思います。世界中にインパクトを与えて、そして愛されている作品に出演できるなんて、一生に一度しか経験できないかも。」

ちなみに、ニック・ジョナス演じるアレックスは、劇中で時代遅れな言葉遣いや芸能ネタを口にするが笑いどころだが、独特なサングラスのかけ方にも注目して欲しい。ニック本人に聞いたところによると、あれは「時代が止まっているアレックスが知っている当時でのトム・クルーズがやりそうな、一番かっこいい仕草を真似している」のだという。

もちろん、オリジナルおよびロビン・ウィリアムズへリスペクトを捧げたのは、ニック・ジョナスのみならず他のキャストやスタッフ陣も等しく同じだ。主演のドウェイン・ジョンソンは「良き形で、ロビン・ウィリアムズに敬意を示したかった」と、プロデューサーのマット・トルマックは「この映画では、ロビン・ウィリアムズのスピリットを感じるはず。ファンとしても、私たちは彼と彼が演じたキャラクターに敬意を示したかったのです」と口を揃えている

 

「間違いありません。コメディ界にいる人全員にとって、彼はヒーローです。」『ウェルカム・トゥ・ジャングル』のジェイク・カスダン監督は、2014年にこの世を去ったロビン・ウィリアムズに、このように追悼を捧げている。

「僕にとってロビン・ウィリアムズには、優しい姿のイメージがずっとありました。(中略)ロビンの演技とキャラクターは、とても共鳴できるもの。だから私たちは、ジュマンジ・マウンテンの頂上には彼がいるんだと意識していました。

ロビンの魂が宿ったジュマンジ・マウンテンが登場する『ウェルカム・トゥ・ジャングル』終盤のシーンでは、ジャングルのいたるところに動物を模った石像が設置されている。監督によれば、これはオリジナル版のボードゲームで登場したゲームのコマを再現したものだ。また、ゲーム内で良からぬことが起こる際に何処からともなく聴こえる太鼓のリズムも、オリジナル版から引き継いでいる。細かなところにも、オリジナル版へのリスペクトを感じることができる。

映画『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ザ・ジャングル』は、2018年4月6日(金)より公開。最新作を楽しんだら、1996年のオリジナル版『ジュマンジ』を観直すのも良いだろう。

『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』公式サイト:http://www.jumanji.jp/

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。

Comments

  • プーちゃん 2018年4月7日 at 3:31 PM

    いつも楽しい記事をありがとうございます。

    ちょっと気になった点がありました。
    すごく細かい事なんですが・・・。

    >このボードゲームが浜辺に打ち上がったのが発見されるところから始まる。
    >ここでの舞台設定は1996年。
    >オリジナル版でアランとサラが「ジュマンジ」を捨てたのが1995年の設定なので、
    >『ウェルカム・トゥ・ジャングル』冒頭シーンはオリジナル版から1年未満後ということになる。

    時系列を整理すると・・・
    子供時代にもどったアランとサラが「ジュマンジ」を捨てた(川に流した)のは
    ゲームを始めた日の夜。1969年。
    大人になって結婚したアランとサラがジュディとピーターに「再会」したのは
    彼女らの両親が亡くなる直前の1994年のクリスマス。
    (姉弟がゲームを始める前年)
    その直後の「ジュマンジ」が砂浜で太鼓を鳴らすシーンはおそらく1994年末~1995年初め頃。
    (女の子の服装から、まだ寒い時期だと思われ)
    音を聞いた女の子には拾われなかったっぽいので更に1年以上経って
    『ウェルカム・トゥ・ジャングル』冒頭シーンに・・・
    なので

    「ジュマンジ」を川に捨てたのは1969年。
    前作ラストシーンの浜辺は1994年末~1995年初め頃。
    『ウェルカム・トゥ・ジャングル』冒頭シーンはオリジナル版から1年ちょっと後。

    かなと。細かい事ですが・・・。

    Reply