Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』第3作、ハイブリッド恐竜はもう登場しない ─「実在の恐竜に焦点を当てたい」

ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題)
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ジュラシック・パーク』『ジュラシック・ワールド』シリーズの最新作、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』には、“ハイブリッド恐竜”はもう登場しないようだ

そもそもハイブリッド恐竜とは一体何なのか。『ジュラシック・ワールド』(2015)『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018)にて、インドラプトルやインドミナス・レックスといった人間たちが遺伝子操作によって人工的に作り出していた架空の恐竜たちのことで、図鑑にも乗っていないような新種族である。

作品を重ねていくごとに恐竜たちの数が増加している『ジュラシック・ワールド』シリーズだが、『ドミニオン』ではなぜハイブリッド恐竜を登場させないのか。米Screen Rantのインタビューにてコリン・トレボロウ監督は、「すでにやり遂げたように感じたからです」と理由を説明している。「ハイブリッド恐竜は前2作だけでなく、『ジュラシック・ワールド/サバイバル・キャンプ』(2020-)でも登場していました。とにかく、今回の映画のトーンにはあわず、今作はほかの作品よりも、サイエンス・スリラーの要素が強いんです」。

『ドミニオン』では、6,500万年前の白亜紀に恐竜が地球全体を闊歩していた時代や、恐竜のDNAが神話上、蚊によって運ばれるようになったという起源の物語が語られる。そんな背景を描くことと、ハイブリッド恐竜を登場させない理由はどうやら少し重なっているようだ。

今回の映画では実在した恐竜に焦点を当てたかったのです。そもそも、このシリーズを僕が好きになった理由はそこにありますから。もちろん、ハイブリッド恐竜の虜になっている世代がいることも良いですよね。『ジュラシック・ワールド』を見て育った若い子たちの多くは、ハイブリッド恐竜のことが大好きです。ただ、本物の恐竜は本当に素晴らしいので、ハイブリッドになる必要はないんですよ。」

なおトレボロウ監督は、実在した恐竜として今回、ギガノトサウルスを登場させたことを報告している。この恐竜の特徴は名前からも分かる通り、とにかく巨体であることだ。約14メートルあったとされており、それはティラノサウルスに匹敵しうる大きさ。しかもトレボロウ監督によると、ギガノトサウルスは劇中でかなり重要な役割として登場するようで、「T-レックスを倒して終わりみたいなことはしない」という。

Source: Screen Rant(1,2

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly