『ジュラシック・ワールド』の主人公、第1作『ジュラシック・パーク』に登場していた?クリス・プラット本人もコメント【ジュラシック祭り】

1993年『ジュラシック・パーク』シリーズの第4作『ジュラシック・ワールド』(2015)は、物語の舞台を現代に、登場人物を一新して展開する「新しいジュラシック・パークの世界」だ。
本作で主人公となるのは、元海軍所属で現在はテーマパーク「ジュラシック・ワールド」にてヴェロキラプトルを訓練する恐竜監視員オーウェン・グレイディ。演じるのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズなどに出演するクリス・プラットである。

実は、この『ジュラシック・ワールド』の主人公オーウェンにはファンの間で語られてきた「ある仮説」が存在する。オーウェンは『ジュラシック・パーク』にすでに登場していたのではないか、というのだ。

Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

『ジュラシック・パーク』に登場する“ナマイキな少年”が?

きっと、最近『ジュラシック・パーク』を観た人ならば覚えていることだろう。映画の序盤、アラン・グラント博士(サム・ニール)がボランティアに対して自説を述べていたところ、割って入ってきた少年を……。その直後、アラン博士にやりすぎなくらい脅かされてしまう“ナマイキな少年”のことである。

『ジュラシック・パーク』シリーズのファンが仮説として立てたのは、この少年(役名は「ボランティア・ボーイ」)の成長した姿が『ジュラシック・ワールド』のオーウェンなのではないか、というものだ。

むろん、ファンがこのような想像を働かせるのにはいくつかの根拠がある。『ジュラシック・パーク』から『ジュラシック・ワールド』までの時間経過と、あの少年とクリス・プラット(劇場公開当時35, 6歳)の年齢差がやけに“しっくり来る”こと。そして恐竜の話で脅かされた少年が時間をかけて多くを学び、今では恐竜を訓練する側になっている……という想像が“グッと来る”こと。
そして『ジュラシック・パーク』で、アラン博士が少年に「敬意を払うように」と伝えていたのに対し、『ジュラシック・ワールド』ではオーウェンが「操るんじゃなく、敬意をもって関係を築くんだ」と口にしていることである(このセリフは以下の予告映像の冒頭で聞くことができる)。

さて、あなたはこの説に説得力があると思うだろうか、それとも根拠が弱いと思うだろうか……。ちなみに『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウ監督は、「推理するのはすごく楽しいからね、それを潰したくない」として、あえてこの説を肯定も否定もしていない。

演じるクリス・プラット本人は……

では、実際にオーウェンを演じているクリス・プラットはこの説を知っているのだろうか? 知っているとしたら、クリスはどのように捉えているのだろう? ハフィントン・ポストがインタビューで尋ねたところ、クリスはこれをはっきりと否定している。

「そのことは聞いたことがあるよ。でも僕には真実だとは思えないな、(そう考えるのは)楽しいけどね。あの子どものことは大好きだし、そういう可能性について考えるのも大好きだよ。でもキャラクターの作り手じゃなく、オーウェンの背景を担う者として僕が言えるのは、それは真実じゃないってことさ。本当ならクールだけどね。」

ちなみに『ジュラシック・パーク』であの少年を演じていたウィット・ハートフォードは、なんと現在は脚本家・演出家・映画監督として活躍している。自身が演じた役とオーウェンは同一人物なのか……と尋ねられたウィットは、Twitterでこう答えていた。

「はっきり言うと、クリス・プラットが『ジュラシック・ワールド』で演じてるのは僕の役が成長した姿じゃないよ。あの役は僕のものだぞ、ちくしょう!

このように俳優ふたりはファンの仮説を一蹴しているわけだが、今後の作品でオーウェンの過去が語られるのかどうかはわからない。実はトレボロウ監督もファンと同じことを考えていた……なんてことは、ないかな、やっぱり……。

映画『ジュラシック・ワールド』はブルーレイ&DVDが現在発売中

Sources: http://www.slashfilm.com/jurassic-world-theory/
http://screenrant.com/jurassic-world-chris-pratt-fan-theory-debunk/
http://www.huffingtonpost.com/entry/chris-pratt-officially-weighs-in-on-that-jurassic-world-theory_us_58fa00cbe4b06b9cb915f447
Eyecatch Image: Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。