『ジュラシック・ワールド』主人公オーウェン、『ジュラシック・パーク』第1作に登場していた説 ― クリス・プラットらが証言

『ジュラシック・パーク』シリーズの第4作『ジュラシック・ワールド』(2015)は、現代を舞台に、登場人物を一新して展開する“新しいジュラシック・パークの世界”だ。主人公オーウェン・グレイディは、元海兵にしてテーマパーク「ジュラシック・ワールド」でヴェロキラプトルを訓練する恐竜監視員である。

実は、クリス・プラットが演じるこの主人公については「ある仮説」がファンの間で折にふれて語られてきた。1993年公開、スティーヴン・スピルバーグ監督による『ジュラシック・パーク』第1作に登場していたのではないか、というのだ。

Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

『ジュラシック・パーク』に登場する“ナマイキな少年”が?


映画『ジュラシック・パーク』の序盤には、とある一人の少年が登場する。サム・ニール扮するアラン・グラント博士がボランティアたちに自説を述べていたところ、ナマイキな少年が割って入ってくるのだ。直後、彼はアラン博士にやりすぎなくらい脅かされてしまう……。ファンが仮説として立てたのは、「ボランティア・ボーイ」なる役名を与えられたこの少年が、『ジュラシック・ワールド』の主人公オーウェンなのではないか、というものだ。

むろん、この説にはいくつかの根拠がある。まずは『ジュラシック・パーク』から『ジュラシック・ワールド』までの時間経過と、「ボランティア・ボーイ」とオーウェンを演じるクリス・プラット(劇場公開当時35, 6歳)の年齢差がやけに“しっくり来る”こと。また、恐竜に怯えた少年が多くを学び、今では恐竜を訓練する側になっているという想像が“グッと来る”ことだ。
さらに『ジュラシック・パーク』ではアラン博士が少年に「敬意を払うように」と伝えていたわけだが、『ジュラシック・ワールド』ではオーウェンが「操るんじゃなく、敬意をもって関係を築くんだ」と口にしているのである(このセリフは予告映像の冒頭で聞くことができる)。

 

二人の俳優、そして監督の証言

一連の根拠に説得力があるとみるか、それとも「考えすぎ」とみるかは人それぞれであろう。では、オーウェン役のクリス・プラットはこの仮説を認識しているのだろうか。もし認識しているとしたら、彼はどのように捉えているのだろう? 米HUFFPOST誌が質問したところ、なんとクリスはこの説を真っ向から否定している。

聞いたことはあるんですけど、真実だとは思えませんね。面白い話だし、あの少年のことは大好きですし、そういう可能性があるって考えるのもすごく良い。でも――僕がキャラクターを生み出したわけじゃないですけど――オーウェンの背景を担う者として、正式に“真実じゃない”と言わせていただきます。そうだったら良かったんですけど。」

また『ジュラシック・パーク』で「ボランティア・ボーイ」を演じていたウィット・ハートフォードも、クリスと同じくこの仮説を否定。今では脚本家・演出家・映画監督として活躍しているウィットは、Twitterにてこのようにコメントしていた。

「はっきりさせておきますけど、クリス・プラットが『ジュラシック・ワールド』で演じてるのは、僕のキャラクターが大人になった役ではありません。くそ、あの役は僕のものだぞ!」

 

二人の俳優はファンの仮説を完全に否定したわけだが、なにより肝心なのは、オーウェンというキャラクターを生み出した張本人がどのように考えているかであろう。『ジュラシック・ワールド』の脚本・監督を務めたコリン・トレボロウはこのように述べている。

「答えたくないんですよね、だって推理するのはすごく楽しいですから。その楽しみを台無しにしたくなくて。」

コリン監督は続編映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で脚本・製作総指揮を兼任しており、2021年6月に米国公開される『ジュラシック・ワールド3(仮題)』では監督として復帰予定。その頭の中には、いずれオーウェンの過去をきちんと描く構想があったりするのだろうか……?

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は2018年7月13日より全国の映画館にて公開中。前作『ジュラシック・ワールド』はブルーレイ&DVDが発売中だ。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

[この記事は2017年8月4日に初掲載したものを加筆修正して再掲載したものです。]

Sources: /Film, SR, HUFFPOST
Eyecatch Image: Chuck Zlotnick / Universal Pictures and Amblin Entertainment

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。