『ブラック・ウィドウ』単独映画、ついに監督が決定 ― 舞台は『アベンジャーズ』第1作以前との説も

かねてよりマーベル・スタジオによる企画進行が伝えられてきた、スカーレット・ヨハンソン演じるナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウの単独映画に、いよいよ監督が正式決定したようだ。米The Hollywood Reporter誌をはじめ複数のメディアが報じている。

映画『ブラック・ウィドウ(仮題)』への就任が決まったと伝えられているのは、オーストラリア出身の女性監督ケイト・ショートランド。マーベル・スタジオの製作陣は、今回の決定に至るまで、実に70名以上の候補者と面会したと伝えられている。
ケイトとともに最終候補に残っていたのは、『A United Kingdom(原題)』(2016)のアマリラ・アサンテや『Novitiate(原題)』(2017)のマギー・ベッツ。『ボーイズ・ドント・クライ』(1999)のキンバリー・ピアース、『イングロリアス・バスターズ』(2009)や『複製された男』(2013)などで知られる女優メラニー・ロランの名前もあったという。


熾烈な争奪戦を勝ち抜いたケイトは、これまで長編映画として『さよなら、アドルフ』(2012)や『ベルリン・シンドローム』(2017)を手がけてきた人物。初期段階から『ブラック・ウィドウ』の監督就任が有力視されていたようで、The Hollywood Reporter誌によれば、『さよなら、アドルフ』での手腕に惚れ込んでいたスカーレットが監督に推したという。

なお同誌の入手した情報によれば、『ブラック・ウィドウ』のストーリーは『アベンジャーズ』(2012)以前を描く内容になるとされている。ただし、こちらについては現時点で信憑性が保証できないため、あくまで話半分のものとしてご理解いただければ幸いである。現に、米Variety誌は「オリジンを描くものになるのか、『アベンジャーズ』第4作以降が舞台になるのかは不明」と伝えているのだ。

 

いずれにせよ本作は、『アントマン&ワスプ』(2018)や『キャプテン・マーベル(邦題未定、原題:Captain Marvel)』(2019)に次いで、マーベル・シネマティック・ユニバースにおいて女性ヒーローが物語の中心を担う重要な一本となるだろう。『アイアンマン2』(2010)での初登場からすでに8年、長かった…!

Sources: THR, Variety, Deadline

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。