【新展開】『ジュラシック・ワールド』は壮大なスケールの3部作に!ストーリーは継続する模様

昨年大ヒットを記録した映画『ジュラシック・ワールド』は、スティーブン・スピルバーグ監督が1993年に製作した『ジュラシック・パーク』から始まるシリーズの第4作目だ。続編『ジュラシック・ワールド2(仮題)』で監督を務めるフアン・アントニオ・バヨナが、インタビューで新たなシリーズの構想について語った。

バヨナ監督いわく、どうやら『ジュラシック・ワールド』は3部作になるという。『スター・ウォーズ』よろしく、旧3部作と新3部作にシリーズが分かれる形式となるのだろうか?

http://www.ew.com/article/2015/06/10/jurassic-world-review

http://www.ew.com/article/2015/06/10/jurassic-world-review

壮大な3部作になる?

『ジュラシック・ワールド』を監督したコリン・トレボロウは、次回作『スター・ウォーズ: エピソード9(仮題)』を準備するため監督を降板。続編ではデレク・コノリーと共同で脚本を執筆するにとどまっている。バヨナ監督はトレボロウからシリーズのバトンを受け取った形だ。

「彼らは『インポッシブル』や『永遠の子どもたち』(バヨナの監督作品)を気に入ってくれたんだ。特にコリン・トレボロウがね」

『ジュラシック・ワールド』チームから絶大な信頼を受けて登板するバヨナ監督は、作品の構想をこう話している。

「すごく面白いね。トレボロウは『ジュラシック・ワールド』を全3部作にしようと考えていたんだ。いま僕たちはその第2章を執筆しているけど、トレボロウの考えているストーリーは本当に面白いんだよ。僕はスピルバーグの映画を観て育ったから、彼の作品や志を尊敬している。だから大切なのは、その志に誠実であることと、同時に人々が納得できる新たな要素を取り入れることだ。撮影まではまだ6ヶ月あるけど、今のところは順調だよ。とてもエキサイティングだ」

バヨナ監督が「第2章」という言い方をしていることを鑑みると、おそらく『ジュラシック・ワールド』シリーズはストーリーの一貫した3部作になると考えられる。『ジュラシック・パーク』『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』『ジュラシック・パークIII』の3部作はストーリーがはっきり続いていなかったこととは対照的になりそうだ。

『ジュラシック・パーク2(仮題)』は2017年2月に撮影開始予定。アメリカでは2018年6月22日に公開される。

クリス・プラット主演、映画『ジュラシック・ワールド2』が2017年2月からハワイで撮影スタート!

source: http://lrmonline.com/news/exclusive-jurassic-world-confirmed-as-a-trilogy
Eyecatch Image:http://thestudioexec.com/jurassic-world-review/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。