『ジャスティス・リーグ』でバットマンとスーパーマンが“再戦”?レックス・ルーサーも再登場

映画『ジャスティス・リーグ』で再びクラーク・ケント/スーパーマン役を演じるヘンリー・カヴィルが、同作の内容をわずかに語った。今年公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』で見られた、二大ヒーローの対決が再び行われることになりそうだ。

『ジャスティス・リーグ』予告編はもうすぐ公開?「年内にプロモーション開始」とザック・スナイダーが証言

Comicbook.comが伝えるところによれば、カヴィルはトータル・フィルム誌のインタビューでこう述べているという。

「バットマンと彼(スーパーマン)は、誰がリーダーかをめぐって口論するんだよ」

スーパーマン、バットマン、ワンダーウーマン、フラッシュ、サイボーグ、アクアマン……。スーパーヒーロー/ヒロインが集合しているジャスティス・リーグの主導権を誰が握るのか、今度の戦いは口論になるようだ。『バットマン vs スーパーマン』のようなガチ対決ではないようで一安心である。『ジャスティス・リーグ』は従来のDC映画よりもユーモラスな作品になるといわれており、バットマンとスーパーマンの“再戦”が思わぬ形で描かれる可能性もありそうだ。しかし口論には色々あって、たとえばマーベルは『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』でガチ口論をやってのけている……。

(補足/カヴィルは今年3月に出演した『ジミー・キンメル・ライブ!』でも同じ発言をしているため、今回トータル・フィルム誌がその発言を引用したのか、またカヴィルが同じ発言を繰り返したのかは不明とのこと)

レックス・ルーサーも再登場

『ジャスティス・リーグ』には、『バットマン vs スーパーマン』につづき、ジェシー・アイゼンバーグ扮するレックス・ルーサーも再登場する。以前、アイゼンバーグは同作の撮影に参加していることを明かしていたが、ワーナー・ブラザースが出演を公式に認めたのは今回が初めてだ。『バットマン vs スーパーマン』からストーリーがどう継続されるのかにも注目したい。

http://collider.com/lex-luthor-jesse-eisenberg-batman-vs-superman-martin-shkreli/

http://collider.com/lex-luthor-jesse-eisenberg-batman-vs-superman-martin-shkreli/

ちなみに2017年夏公開の『ワンダーウーマン』に登場する、ワンダーウーマンの母親であるヒポリタ女王(コニー・ニールセン)も『ジャスティス・リーグ』にはクレジットされている。いよいよ主要ヒーロー以外も顔ぶれが揃ってきた感のある『ジャスティス・リーグ』、その動向から今後も目が離せない。

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年冬公開予定

sources: http://comicbook.com/2016/12/24/justice-league-batman-and-superman-to-argue-over-leadership/
http://comicbook.com/2016/03/18/henry-cavill-says-batman-and-superman-argue-over-who-leads-the-j/
http://batman-news.com/2016/12/22/lex-luthor-queen-hippolyta-justice-league/
Eyecatch Image: http://www.ign.com/articles/2016/03/26/keepin-it-reel-episode-319-batman-v-superman-spoilercast (remixed by THE RIVER)
©Warner Bros. Entertainment Inc. and RatPac-Dune Entertainment LLC

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。