『ジャスティス・リーグ』予告編音楽のミュージック・ビデオが米国で公開!プロデューサーは『デッドプール』作曲家

ワーナー・ブラザース/DCコミックス作品『ジャスティス・リーグ』の予告編に使用されている楽曲、『Come Together』の公式ミュージック・ビデオが米国にて公開された。ゲイリー・クラーク・Jr.による歌唱・演奏と『ジャスティス・リーグ』の本編映像が混じった構成で、映画の世界観をより明確にアピールする一本となっている。


『ジャスティス・リーグ』の予告編に使用されている『Come Together』は、1969年にビートルズが発表した同名曲をゲイリー・クラーク・Jr.がカバーしたもの。「ブルース・ロックのニューヒーロー」と形容されたこともあるゲイリーの手で生まれ変わった一曲をプロデュースしたのは、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』(2016)や『デッドプール』(2016)の音楽を手がけていたジャンキーXLだ。

今回のカバー版『Come Together』は、『ジャスティス・リーグ』の予告編で印象的に使用されており、オリジナル・サウンドトラックにも収録されている。したがって本編でも流れる可能性はありそうだが、ジャンキーXLは本作の音楽担当から降板しており、完成した映画には関与していない。本編の音楽には『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』(2015)などのダニー・エルフマンが就任しており、劇伴音楽のひとつ『Hero’s Theme』はすでにYouTubeにて聴くことができる。

 

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日より全国ロードショー。

Sources: http://comicbook.com/dc/2017/10/27/justice-league-music-video-released/
https://batman-news.com/2017/10/26/danny-elfman-justice-league-theme/
Eyecatch Image: https://www.youtube.com/watch?v=r7imYeuAfkg スクリーンショット

About the author

THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。