Menu
(0)

Search

映画化の噂もある『ジャスティス・リーグ・ダーク』がOVA化!参戦メンバーも明らかに

NYで行われたコミコンにて兼ねてより発売が予告されていた『ジャスティス・リーグ・ダーク』について多くのことが明らかになりました。コンスタンティンを演じるのは嬉しいことに『ARROW』や『コンスタンティン』と同じ、マット・ライアン。DVDとBLU-RAYの発売は2017年初めとのことです。

ジャスティス・リーグ・ダークの内容とは

世界観は現在主流の『Justice League:War』から続くユニバース。魔術をメインにしたスーパーヒーローモノでバットマンも参戦します。話の始まりはジャスティス・リーグのメンバーが市民による原因不明の災害について話し合っている所からです。そこでワンダーウーマンが魔術の関与を提案し、最初は否定したバットマンが徐々に魔術が絡んだ出来事に関わっていき、コンスタンティンとの出会いをきっかけにメンバーを増やしていくようです。マット・ライアン曰く、コンスタンティンが『ARROW』といったドラマのDCユニバースに再登場できるかは不明ですが、可能性はいつでもあると語っており、追い風になることを期待します。


https://www.youtube.com/watch?v=IMxVPoRFqAA

登場メンバー

『Justice League Dark』に参戦するメンバーはバットマン、コンスタンティン、ザターナ、デッドマン、スワンプシング、ブラックオーキッド、エトリガン(ジェイソン・ブラッド)。概ねJustice League Dark誌のVol.2以降のメンバーを主にしているようですが、エトリガンの登場は嬉しい驚きです。どのキャラクターも魅力があり、多彩な魔術的アクションが繰り広げられることが予想されます。

実写版『ジャスティス・リーグ・ダーク』が公開されるという噂も多く飛び交っている昨今。ブラックオーキッドについてはまだ詳細は不明ですが、コミックと同じくA.R.G.U.S.のエージェントとして参戦するのでしょう。韻を踏む強大な力を持つコミカルな悪魔のエトリガンやアラン・ムーアがライターを務めた翻訳で日本での知名度の高いスワンプシングが実写でも観られる可能性が出来たかもしれません。

Source:http://www.cbr.com/atwell-returning-to-agent-carter-just-maybe-not-how-youd-expect/

 

Writer

小村健人村上 幸

DCコミックスと非ヒーローコミックスをメインに読んでいます。ユーロコミックスを原語で読むのが現状の目標です。好きなヒーローチーム:ジャスティス・リーグ・インターナショナル好きなヒーロー:たくさんのDCヒーロー(特にキース・ギッフェンがライターを担当した時のヒーローかヴィラン) salarmko@outlook.jpお仕事の依頼はこちらへ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly