『ジャスティス・リーグ』追加撮影がロンドンにてスタート!内容は重要、撮り直す量も膨大?しかし製作チームは「前向き」

ザック・スナイダー監督の途中降板というニュースから約2週間が経過した本日2017年6月7日、映画『ジャスティス・リーグ』の製作が再び大きな進展を見せている。イギリス・ロンドンにて本編の再撮影がスタートしたというのだ。

#JusticeLeague in theaters November 17.

Justice League Movieさん(@justiceleague)がシェアした投稿 –

ファンサイト「BATMAN-ON-FILM.com」は、信頼できる筋の人物から『ジャスティス・リーグ』の再撮影がジョス・ウェドン監督のもとロンドンでスタートしたという情報を入手したと報じている。同作の再撮影については、これまでファンの間で“良からぬ噂”がしばしば語られてきた。撮り直す量が膨大であるとか、脚本を書き直さねばならないとか、その様子は昨年(2016年)の『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』を彷彿とさせるものだったのである。

また同サイトによると、実際に再撮影の内容は「重要」であり、その撮影期間もかなり長いようだ。2017年6月、7月、場合によっては8月までかかる可能性もあるという。6月6日、スーパーマン役のヘンリー・カヴィルはおなじみのスーツに身を包んだ様子をInstagramに投稿している。やはり『ジャスティス・リーグ』の再撮影はすでに始まっており、その期間は長ければ2ヶ月にも及ぶのである……。

Hi Everyone! I’ve been doing some Super Ruminations because this month is the 79th anniversary of Superman in Action Comics and thought it fitting to pass on this little fact. Who knew eh?? In January 1933, Jerry Siegel wrote a short story titled “The Reign of the Superman”, which was illustrated by his friend Joe Shuster and self-published in a science fiction magazine. It told the story of a bald villain with telepathic powers. Trying to create a character they could sell to newspaper syndicates,Siegel re-conceived the “superman” character as a powerful hero, sent to our world from a more advanced society. He and Shuster developed the idea into a comic strip, which they pitched unsuccessfully. National Publications was looking for a hit to accompany their success with Detective Comics, and did not have time to solicit new material. Because of the tight deadline, editor Vin Sullivan was forced to make it out of inventory and stockpile pages. Sullivan asked former coworker Sheldon Mayer if he could help. Mayer found the rejected Superman comic strips, and Sullivan told Siegel and Shuster that if they could paste them into 13 comic book pages, he would buy them. #SuperRuminations #Superman #ActionComics

Henry Cavillさん(@henrycavill)がシェアした投稿 –

こうした状況は、一見、製作の行き詰まりを思わせてファンの心配を煽りかねないものだ。しかし情報源の人物によると、再撮影そのものはかなりポジティブなものだという。話を聞いた「BATMAN-ON-FILM.com」も、再撮影というより「追加撮影といったほうが適切かもしれない」と記しているほどである。

実際にザック・スナイダー監督は、『ジャスティス・リーグ』の仮編集版の試写を終えた後、そもそも追加シーンの脚本を執筆するためにジョス・ウェドンを雇っている。ここから推測するに、おそらく(ザックの降板も含めて)ドタバタで作業が進んだのではなく、ザックとジョスは今回の再撮影に向けて十分に構想を固めていたはずなのだ。仮に再撮影(追加撮影)の量が膨大であったとしても、これを経て映画のクオリティは確実に高まることだろう。

映画『ジャスティス・リーグ』は2017年11月23日より全国ロードショー

Sources: http://batman-news.com/2017/06/06/justice-league-reshoots-summer/
http://www.batman-on-film.com/dc-comics-on-film_JUSTICE-LEAGUE_news_reshoots-have-began_6-2-17.html
Eyecatch Image: https://www.instagram.com/p/BSCQDxVA6f2/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。