Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』新作ジェットコースター、外観捉えたファースト・ルック公開 ─ 米ユニバーサル・スタジオ登場、ヴェロキラプトルがモチーフに

Jurassic World VelociCoaster Ride Vehicle
https://youtu.be/HwJIvCvLIJQ

米フロリダにある「ユニバーサル・オーランド・リゾート」より、人気シリーズ『ジュラシック・パーク』をモチーフとした新作ジェットコースター・アトラクション「Jurassic World VelociCoaster Ride」のファーストルックが公開された。

現在、「ジュラシック」関連のアトラクションでいえば、日本を含め世界のユニバーサル・スタジオに設置されている「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」がお馴染みだろう。熱帯の樹木が生い茂るジュラシック・パークを舞台に、ステゴサウルスなどの草食恐竜の観察を優雅に楽しめるかと思いきや、Tレックスを筆頭とする肉食恐竜からの襲撃など、ハラハラ・ドキドキのハプニングが乗客を待ち受ける人気アトラクションだ。

「ジュラシック・パーク・ザ・ライド」とはまた違ったスリルを体験させてくれるのが、2021年夏オープンを予定しているジェットコースター型アトラクション「Jurassic World VelociCoaster Ride」だ。このアトラクションのモチーフとなっているのが、小型肉食恐竜ヴェロキラプトル。映画『ジュラシック・ワールド』シリーズで、クリス・プラット演じる主人公オーウェンと特別な絆を築いた小型恐竜ブルーが、その種だ。

このたび公開されたファーストルック映像は、主にジェットコースターの外観を詳細に見せたもの。テーマパーク「ジュラシック・パーク」を運営するインジェン社のロゴや、ブルーの体表を想起させるフロント・デザインというように、スタイリッシュな仕上がりのアトラクションの断片が切り取られており、オープンを心待ちにする「ユニバ」ファンの期待を更に高める映像になっている。なお、すでに公開されている予告編では、アトラクション全体のライド・イメージを確認することも可能だ。

既報によれば、「Jurassic World VelociCoaster」のコースの全長は4,700フィート(約1.4kn)。最高地点では155フィート(約50m)の高さに達し、80度というほぼ垂直の体感で駆下るという。2.4秒で最高時速70マイル(約112km)というスピードだそうだ。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly