シリーズ新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』7月13日公開決定!日本版予告編&クリス・プラットのメッセージ映像が到着

巨匠スティーヴン・スピルバーグが生んだ『ジュラシック・パーク』シリーズが、誕生25周年となる2018年の夏に再び帰ってくる。
映画『ジュラシック・ワールド』(2015)の続編、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(原題:Jurassic World: Fallen Kingdom)が、2018年7月13日(金)に日本公開されることがわかった

このたび日本版予告映像第1弾、および主演クリス・プラットからの日本独占メッセージ映像が到着している。

ジュラシック・ワールド/炎の王国

© Universal Pictures


前作『ジュラシック・ワールド』で、ハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXによる死闘の末に崩壊したテーマパーク、ジュラシック・ワールドを有するイスラ・ヌブラル島にて、火山の大噴火の予兆が捉えられていた。危機的状況の中、人類は恐竜の生死を自然に委ねるか、あるいは自らの命を懸けて恐竜を救い出すかという究極の選択を迫られるのだった。
恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)は、テーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)とともに行動を起こす事を決意。ところが島へ向かった矢先、火山が大噴火を起こして……。

このたび公開された予告映像では、シリーズのファンから絶大な人気を誇る、ジェフ・ゴールドブラム演じるマルコム博士がついにカムバック。さらに前作でオーウェンと心を通わせたヴェロキラプトルのブルーや、シリーズの絶対王者であるT-REXをはじめ、登場する恐竜たちはなんとシリーズ史上最多。その圧倒的な迫力の一端を、ぜひ映像から味わってほしい。

ジュラシック・ワールド/炎の王国

© Universal Pictures

ジュラシック・ワールド/炎の王国

© Universal Pictures

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』で監督を務めるのは、『インポッシブル』(2012)や『怪物はささやく』(2016)で卓越した演出手腕を発揮したJ・A・バヨナ。前作を手がけたコリン・トレボロウが製作総指揮・脚本を担当し、同じく製作総指揮には、シリーズを牽引してきたスティーヴン・スピルバーグも名前を連ねている。

また2017年12月12日(火)より、本作のムビチケオンライン券が発売されている。特典として、先着2500個限定で「シリーズ25周年記念特製ピンバッジ」が付属する(なくなり次第終了)。詳細はこちらのページよりご覧いただきたい。2018年3月には、特製のオリジナル恐竜フィギュア付きムビチケカード(一般・小人)も発売される予定とのこと。こちらも続報に注目しよう!

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は2018年7月13日(金)より全国ロードショー

(文:Takatoshi Inagaki)

© Universal Pictures

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。