Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開直前!スピルバーグら歴代監督がシリーズの変遷を語る

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(C)Universal Pictures

リアルでスリリングな映像体験に世界中の人々が心を躍らせた『ジュラシック』シリーズの最新作、『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が、2018年7月13日(金)にいよいよ日本上陸を果たす。

この度第一作でメガホンを取ったスティーヴン・スピルバーグを始め、『ジュラシック・ワールド』(2015)のコリン・トレボロウ、そして今作『炎の王国』のJ・A・バヨナといった歴代の監督たちがインタビューに登場。『ジュラシック・パーク』が遺したもの、そしてそこから進化したものについて語っている。

特別映像は、「『ジュラシック・パーク』から何と25年です」と笑顔で語るスピルバーグの姿から始まる。「原作者のマイケル・クライトンは、SF小説で恐竜をよみがえらせました。彼の小説は私と彼の人生を変え、『ジュラシック・パーク』が誕生したのです。」また、監督として忘れられない場面として、T-レックスが車を襲う場面をあげ、「先史時代と20世紀が6500万年の時を超えて遭遇したのです。映画の魔法が生まれた瞬間でした」とその理由を語っている。

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(C)Universal Pictures Credit: Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

そんなスピルバーグの想いを受け継いだのが、コリン・トレボロウとJ・A・バヨナの二人だ。トレボロウは「『ジュラシック・パーク』のように、映画の作り手と観客を結びつけた作品はありません」と称賛した上で「前作はその功績を新たな世代に伝えました」と自負。そして最新作について「我々の知識を未来へ推し進める作品です」と自信を覗かせる。

またスピルバーグが「新しい風をもたらした」というように、これまでの作品とは違う物語をつくりあげたバヨナは、最新作について「人が人を救うのでなく、人が恐竜を救う物語なのです。恐竜への感情移入が本作のテーマで、ブルーが物語の核心です」と説明。続けて「『ジュラシック・パーク』の舞台といえば、広々とした島でした。しかし、そこで火山が噴火し、舞台は移り閉ざされた怖さが増していく。ゴシック調の建物に長い廊下や、隠し扉や、隠し通路がある。これまでにない試みです」と明かしている。

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(C)Universal Pictures
ジュラシック・ワールド/炎の王国
(C)Universal Pictures Credit: Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

J・Aがもたらしたものは、私が監督した第一作の雰囲気に似ています。ですが、彼にしかない独自性があり、私も若き日を思い出しました」と語るスピルバーグの言葉からも、最新作がシリーズファンにとって十二分に楽しめる内容に仕上がっていることが伺える。

また『ジュラシック』シリーズの共通点についてスピルバーグは、「映画を作ることをものすごく愛している映画製作者たちによって作られているということ」と明かす。その中でもバヨナについては「とてもいい仕事をしてくれたと思います。ぜならJ・Aは、真実の声を持つ本物の映画製作者だから。彼が自分の声を我々のシリーズに持ち込んでくれたこと、これがすばらしいと感じました」と絶賛した。

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(配給:東宝英和)は、2018年7月13日(金)より全国ロードショー。
なお2018年7月6日(金)には、『ジュラシック・パークⅢ』、7月13日(金)には、『ジュラシック・ワールド』の地上波放送が予定されている。6日オンエア時には、最新作『炎の王国』初出し映像が公開される。

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公式サイト:http://www.jurassicworld.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly