Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』第3作、2021年6月11日米国公開決定!『パシフィック・リム:アップライジング』脚本家が参加

ジュラシック・ワールド/炎の王国
© Universal Pictures

シリーズ第2作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の劇場公開が2018年夏に迫る中、3部作の“完結編”に関する情報が飛び込んできた。
映画『ジュラシック・ワールド』第3作(正式タイトル未定)が、2021年6月11日に米国公開されることが決定。シリーズの米国公式Twitterにて告知されているほか、米Variety誌など複数のメディアが情報を伝えている。

およそ3年後の劇場公開とあって、いくらなんでも気が早いようにも思われるが、ポイントは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』の続編がすでに確定しているという点だろう。シリーズ第1作で監督を務め、第2作では脚本・製作を兼任するコリン・トレボロウは、本シリーズを当初から3部作として構想していたこと、そして『ジュラシック・ワールド/炎の王国』には3作目への伏線が仕掛けられていることを示唆していたのだ。

『ジュラシック・ワールド』第3作には、新たな脚本家として『パシフィック・リム:アップライジング』(4月13日公開)を執筆したエミリー・カーマイケルが参加する。トレボロウ&デレク・コノリーによる原案をもとに、トレボロウと共同で脚本作業にあたるということだ。新たな脚本家の起用にあたって、トレボロウは以下のコメントを発している。

「物語をフレッシュで活発なものにするため、新しいクリエイティブの声を取り入れることが、このシリーズには大切なのです。『ジュラシック・ワールド/炎の王国』に、J・A・バヨナ(監督)が緊張感と美しさをもたらしてくれて興奮しましたし、またエミリーは、3部作の完結編に新たなエモーションを加えてくれることでしょう。」

第3作にはトレボロウ&スティーヴン・スピルバーグが製作総指揮として再登板するほか、シリーズのプロデュースを担当するフランク・マーシャル&パトリック・クロウリーも続投する。なお、2018年2月時点で監督は発表されていない。

映画『ジュラシック・ワールド』第3作(正式タイトル未定)は2021年6月11日に米国公開予定だ。
第2作となる『ジュラシック・ワールド/炎の王国』は2018年7月13日より全国ロードショー

Source: http://variety.com/2018/film/news/jurassic-world-3-release-date-2021-1202706557/
© Universal Pictures

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly