Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、コンチネンタル・ホテル支配人ウィンストンが再登場へ

『ジョン・ウィック:チャプター2』のイアン・マクシェーン (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

キアヌ・リーブス主演、アクションシリーズジョン・ウィック』第4作に、前3作で登場したウィンストン役のイアン・マクシェーンが続投することがわかった。米Deadlineが報じている。

ウィンストンは、コンチネンタルの代表かつコンチネンタル・ホテル・ニューヨークのオーナーとして『ジョン・ウィック』(2014)『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)に登場した。キアヌ・リーブス演じるジョン・ウィックとは固い信頼関係で結ばれていたが、シリーズを重ねるにつれて、その関係性は複雑化していった。

第4作のストーリーは不明だが、ウィンストンのほかにもコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、シャロン(ランス・レディック)が再登場。新キャストには、『イップマン』シリーズのドニー・イェン、『密航者』(2021)のシャミア・アンダーソン、日本出身歌手のリナ・サワヤマ、『47RONIN』(2013)『モータルコンバット』(2021)の真田広之らが名を連ね、豪華キャストに期待が高まる。

このたびの発表に際して、監督のチャド・スタエルスキは、「『ジョン・ウィック:チャプター4』に、イアン・マクシェーンを再びお招きできてこれ以上の喜びはありません。彼は素晴らしい俳優であるだけでなく、『ジョン・ウィック』の世界を定義するために不可欠な協力相手です」とコメントを出している。

脚本を担当するのは、『ジョン・ウィック:パラベラム』のシェイ・ハッテンと、『プレデターズ』(2010)『アメリカン・アサシン』(2017)などのマイケル・フィンチ。撮影は開始されており、ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、日本などで実施されると伝えられている。

映画『ジョン・ウィック』第4作は、2022年5月27日に米国公開予定。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly