Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、コンチネンタル・ホテル支配人ウィンストンが再登場へ

『ジョン・ウィック:チャプター2』のイアン・マクシェーン (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

キアヌ・リーブス主演、アクションシリーズジョン・ウィック』第4作に、前3作で登場したウィンストン役のイアン・マクシェーンが続投することがわかった。米Deadlineが報じている。

ウィンストンは、コンチネンタルの代表かつコンチネンタル・ホテル・ニューヨークのオーナーとして『ジョン・ウィック』(2014)『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)に登場した。キアヌ・リーブス演じるジョン・ウィックとは固い信頼関係で結ばれていたが、シリーズを重ねるにつれて、その関係性は複雑化していった。

第4作のストーリーは不明だが、ウィンストンのほかにもコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、シャロン(ランス・レディック)が再登場。新キャストには、『イップマン』シリーズのドニー・イェン、『密航者』(2021)のシャミア・アンダーソン、日本出身歌手のリナ・サワヤマ、『47RONIN』(2013)『モータルコンバット』(2021)の真田広之らが名を連ね、豪華キャストに期待が高まる。

このたびの発表に際して、監督のチャド・スタエルスキは、「『ジョン・ウィック:チャプター4』に、イアン・マクシェーンを再びお招きできてこれ以上の喜びはありません。彼は素晴らしい俳優であるだけでなく、『ジョン・ウィック』の世界を定義するために不可欠な協力相手です」とコメントを出している。

脚本を担当するのは、『ジョン・ウィック:パラベラム』のシェイ・ハッテンと、『プレデターズ』(2010)『アメリカン・アサシン』(2017)などのマイケル・フィンチ。撮影は開始されており、ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、日本などで実施されると伝えられている。

映画『ジョン・ウィック』第4作は、2022年5月27日に米国公開予定。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly