Menu
(0)

Search

『ジョン・ウィック』第4作、コンチネンタル・ホテル支配人ウィンストンが再登場へ

『ジョン・ウィック:チャプター2』のイアン・マクシェーン (C)2017 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved. (C)Niko Tavernise

キアヌ・リーブス主演、アクションシリーズジョン・ウィック』第4作に、前3作で登場したウィンストン役のイアン・マクシェーンが続投することがわかった。米Deadlineが報じている。

ウィンストンは、コンチネンタルの代表かつコンチネンタル・ホテル・ニューヨークのオーナーとして『ジョン・ウィック』(2014)『ジョン・ウィック:チャプター2』(2017)『ジョン・ウィック:パラベラム』(2019)に登場した。キアヌ・リーブス演じるジョン・ウィックとは固い信頼関係で結ばれていたが、シリーズを重ねるにつれて、その関係性は複雑化していった。

第4作のストーリーは不明だが、ウィンストンのほかにもコンチネンタル・ホテルのコンシェルジュ、シャロン(ランス・レディック)が再登場。新キャストには、『イップマン』シリーズのドニー・イェン、『密航者』(2021)のシャミア・アンダーソン、日本出身歌手のリナ・サワヤマ、『47RONIN』(2013)『モータルコンバット』(2021)の真田広之らが名を連ね、豪華キャストに期待が高まる。

このたびの発表に際して、監督のチャド・スタエルスキは、「『ジョン・ウィック:チャプター4』に、イアン・マクシェーンを再びお招きできてこれ以上の喜びはありません。彼は素晴らしい俳優であるだけでなく、『ジョン・ウィック』の世界を定義するために不可欠な協力相手です」とコメントを出している。

脚本を担当するのは、『ジョン・ウィック:パラベラム』のシェイ・ハッテンと、『プレデターズ』(2010)『アメリカン・アサシン』(2017)などのマイケル・フィンチ。撮影は開始されており、ドイツ・ベルリン、フランス・パリ、日本などで実施されると伝えられている。

映画『ジョン・ウィック』第4作は、2022年5月27日に米国公開予定。

Source: Deadline

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。ご連絡はsawada@riverch.jpまで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly