『スター・ウォーズ エピソード9』作曲家ジョン・ウィリアムズが参加意志を明言「完結させたい」

映画『スター・ウォーズ』新3部作の完結編『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』に、シリーズの重鎮である巨匠作曲家ジョン・ウィリアムズが参加する意志であることを明かした。

Variety誌によれば、ジョンは同作の監督を務めるJ・J・エイブラムスに『エピソード9』の音楽を務めるつもりだと伝えたという。同誌には「(3部作を)完結させたいと強く思います」と述べているあたり、御大が新3部作の締めくくりに意欲を示していることがうかがえるだろう。


『スター・ウォーズ』シリーズのメイン・サーガである『エピソード9』をジョンが務めること自体は、シリーズのファンとしては決して驚くことではない。ただし現時点では音楽担当者の公式発表がなされておらず、今回の報道もジョン個人の発言にすぎない状況だ。あくまで「『エピソード9』も音楽担当希望」として理解しておくのが良いだろう。

フォースの覚醒』(2015)や『最後のジェダイ』(2017)の作曲を担当したジョンは、先日『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018年6月29日公開)のテーマ曲を務めることが発表されたばかり(音楽担当はジョン・パウエル)。『エピソード9』の音楽を担当することが実現するならば、2017年から2019年まで、3年連続でジョン・ウィリアムズによる『スター・ウォーズ』の音楽がスクリーンで聴けるというわけだ。

ただし2018年2月、ジョンは御年86歳を迎える。現在も精力的に活動しているわけだが、引退などを考えることはないのだろうか……?

「作曲を引退できるとは思いません。私はとても幸せだし、すごく仕事に依存しているわけでもないんです。自分自身のビジョンがまだ良くて、手に関節炎がなくて、たやすくピアノが弾けるなら……仕事の楽しみを自分から奪う理由はありません。音楽にはとてもやりがいがあるんです。」

 

映画『スター・ウォーズ エピソード9(仮題)』は2019年12月20日に米国公開予定

Sources: http://comicbook.com/starwars/2018/01/11/star-wars-episode-ix-john-williams-score-soundtrack/
http://variety.com/2018/film/awards/john-williams-could-set-oscar-record-1202658996/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。