スピンオフ映画『ハン・ソロ』音楽にジョン・ウィリアムズが参加 ― 『スター・ウォーズ』巨匠作曲家がテーマ曲手がける

スター・ウォーズ』シリーズのスピンオフ映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』に、1977年のシリーズ第1作からメイン・サーガの音楽を手がけてきたジョン・ウィリアムズが参加することがわかった。

Variety誌によれば、ウィリアムズが作曲するのは『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のテーマ曲。おそらく映画のメインテーマになるとみられるが、彼が本作で担当するのはこの1曲のみ。残りの劇伴音楽は、『ボーン・アイデンティティー』(2002)や数々のアニメ映画に参加してきたジョン・パウエル作曲する

『ハン・ソロ』にウィリアムズが参加することは、Variety誌による『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』のインタビューで発覚したもの。『スター・ウォーズ』シリーズでの今後の予定について、ウィリアムズは以下のように語っている。

「今のところ、『ハン・ソロ』のテーマ曲を作曲しています。ジョン・パウエルが譜面を作るんですが、素晴らしい仕事をしてくれると思いますよ。彼が参加してくれてすごく幸せです。私がやることは、(テーマ曲を)ジョンとロン・ハワード(監督)に提案すること。みんなが喜んでくれると嬉しいですね。ジョンが譜面を完成させて、残りのテーマやその他の音楽をすべて作曲します。聴くのをすごく楽しみにしていますよ。」

ウィリアムズが『スター・ウォーズ』シリーズで音楽を務めるのは、メイン・サーガの8作品に加えて、この『ハン・ソロ』が9作目。スピンオフ作品ながら、ハン・ソロを描くならばウィリアムズの音楽がどうしても必要だったということだろうか。ちなみに長編映画で彼が唯一関わっていないのは、マイケル・ジアッキーノが作曲を担当した『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)だが、この作品にもウィリアムズによるおなじみの音楽はふんだんに使用されていた。

映画『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』は2018年6月29日より全国ロードショー
若きハン・ソロを『ヘイル、シーザー!』(2016)のアルデン・エーレンライクが演じ、エミリア・クラーク、ドナルド・グローバー、ウディ・ハレルソン、ポール・ベタニーらが出演する。監督はベテラン、ロン・ハワードが務めた。

Source: http://variety.com/2017/film/news/john-williams-star-wars-composer-han-solo-movie-theme-1202650282/
© Twentieth Century Fox Film Corporation 写真:ゼータ イメージ

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。