『ローグ・ワン』K-2SO役、先輩C-3PO役に最上級の褒め言葉「ファ◯ク・ユー」を言われて歓喜

登場人物ひとりひとりの個性が楽しめた『ローグ・ワン / スター・ウォーズ・ストーリー』だが、中でも元帝国軍のドロイドK-2SOのキャラクターは印象的だったのではないだろうか。背が高く、手脚も細く長い。戦闘能力にも長けており、思っていたことをすぐ口にしてしまうキャラクターは、チューバッカとC-3POとR2-D2を足して割ったような立ち位置だった。

K-2SOは『アイ・ロボット』などで知られる俳優アラン・テュディックがモーションキャプチャーと声を担当している。スター・ウォーズ・サーガに新たに仲間入りしたK-2SO役アラン・テュディックは、撮影中に大先輩であるC-3PO役アンソニー・ダニエルズに会ったときのことを語っている。

「彼(アンソニー・ダニエルズ)が撮影中に現場に来てくれて、そこでお会いしました。彼のところに行って、今回ドロイド役をやりますと挨拶をしたら、なんと向こうが僕のことを知ってくれていたんです。」

後輩アランと先輩アンソニーは、同じ「ドロイド役仲間」として、スーツの話になったようだ。

「C-3pOのアンソニーは、着用するスーツについて話してくれました。”当時は頭にネジを閉められて、密閉されたんだよ。”ってね。それから”ちょっと待ってくれ、君は実際にロボットのコスチュームを着るの?それともモーション・キャプチャー?”と聞かれたので、”モーション・キャプチャーです”って答えたら、“君はクソだ…”って。」

アンソニーは、「これだから今時のドロイドは…」なんて想いだったのかもしれない。その後ふたりは、ワールド・プレミアで再会する。

「またワールド・プレミアでお会いできたので、もう一度挨拶して、こう聞いたんです。”後学のためにどうしてもお聞きしたいんですが、この後鑑賞が終わったら、僕の演技がどうだったか教えてもらえないでしょうか?”って。その後アフター・パーティーで彼を見かけたので、感想を聞きに行ったら、こう言われました。“ファック・ユー”って。最上級の褒め言葉ですよ!」

もちろん、アランもアンソニーも決して険悪ムードではない。インタビュー動画でアランは非常に楽しげに語っていることから、アンソニーは和やかな雰囲気でジョークを飛ばしていたであろうことがわかる。

ついに、C-3POとR2-D2がBB-8と出会った

Source:https://youtu.be/ghZ-wX1RWRE
Eyecatch Image:http://screenrant.com/star-wars-rogue-one-k-2so-backstory-alan-tudyk/
http://www.starwars.com/databank/c-3po

© Disney
TM & © Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved

About the author

インド旅行中、たまたま現地新聞に写真を撮られて掲載されるというミラクルを起こしました。持ってる男。THE RIVER編集長。ライター、メディアの運営や映画などのプロモーション企画を行っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。