Menu
(0)

Search

カニエ・ウェスト、自粛中に『シスの復讐』10回は観た ─ 「むしろプリクエルこそ至高」スター・ウォーズ持論

kanyewest カニエ・ウェスト
Photo by Jason Persse https://commons.wikimedia.org/wiki/File:Kanye_West_@_MoMA_4.jpg

ラッパーのカニエ・ウェストは、『スター・ウォーズ』では特にプリクエル3部作(『エピソード1/ファントム・メナス』〜『エピソード3/シスの復讐』)が好みのようで、とりわけ『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)がお気に入りらしい。

Podcast番組PowegfulJREのインタビューに登場したカニエ・ウェストは、話の流れが『スター・ウォーズ』に及んだとき、「この話は腹立っちゃうんすけど。俺がインタビューで腹立つとか、初めてだよね」として、こう訴えた。

「なんか、ジョージ・ルーカスのプリクエルが、ディズニーが企業的に作ったスター・ウォーズよりも出来が悪いとか言われてるの。『シスの復讐』だぜ?ダース・ベイダーがいかにして生まれたのかを観たのに?俺なんてコロナ中に10回は見返したからね。飛ぶなアナキン! I’ve got the high ground!っつって(笑)。

※I’ve got the high ground:「地の利を得たぞ」「私の方が有利だ」のセリフ

むしろプリクエルこそ至高じゃないかという……。ディズニーと『スター・ウォーズ』のデザイン・チームには申し訳ないけど、あれはジョージのものだもん。彼の子どもだもん。あれは彼のハートにあったもので、子どもだった俺たちに、ヒーローたちの冒険を見せてくれたもので。」

カニエは大の『スター・ウォーズ』ファンとしても知られており、2019年にはルーク・スカイウォーカーのタトゥイーンの家をモチーフにしたドーム型住宅を低所得者層向けに展開したこともある。また、楽曲「Gone」では“But if they ever flip sides like Anakin”と、「Guilt Trip」では“Star Wars fur, yeah, I’m rockin’ Chewbacca”と、リリック内に『スター・ウォーズ』ネタを仕込むこともある。

あわせて読みたい

Source:PowegfulJRE

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly